ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

生活

ハノイに来た頃を振り返ってみる~5年目の春

気が付けば、我が家のハノイ生活も5年目に突入。最近のひきこもりがちな生活の中、デジカメに入れっぱなしだった古~い写真を引き上げたので、最初の年を振り返ってみる。

コロナウィルスへのベトナムの対応(3/11〜3/21)とハノイの我が家

3/6(金)以降、コロナウィルスの感染者が増え続けているベトナム。 3/21(土)22時(ベトナム時間)時点では、感染者は94人。 ベトナム政府は、コロナウィルスへの対応を日に日に強めている。 私にとって特にインパクトのあったベトナムの対応や、個人的な…

メイドさん不在で奮闘〜おおごとになった修理

1つ前の日記のつづきです。 前回までのあらすじ: ある日の朝、2日前に修理した乾燥機が不調で、再修理となる。 お昼頃、乾燥機の修理の過程で、一部の配電がショート。そして配電も故障。

メイドさんと奮闘〜修理からの二次災害へ

その日の事件の発端は、2日前に修理したばかりのはずの乾燥機の不調だった。

日本からベトナムへEMSで荷物を送る(送り方&受け取り方)

ハノイへ来て初めて、EMSで日本から荷物を送ってみた。 これまでの経緯と、どんな手配が必要だったのか、体験談ベースで書いてみる。 【5/27改訂:受け取り編まで追加し、内容を一部変更しました。】

メイドさん頼りなハノイの我が家

うちは、いわゆるコンドミニアム(分譲の集合住宅)の一室を、ベトナム人オーナーから借りて住んでいる。 日本人駐在員の多くが住むのは、家具家電付きの、コンドミニアムかサービスアパート。

日本人学校は3/16週も休校で春休みへ〜コロナウィルスとハノイの雰囲気(3/10)

ハノイ日本人学校は、3/9(月)から再び休校となっていたが、3/10(火)の午前中に、更に休校延長との連絡が来た。 ※3/10(火)午前の時点では、ハノイ市全体としては、教育機関への3/16週の休校指示は出ていない。

ベトナム人の名前とかぶった時の呼び分け

ベトナム人の姓は、国民の4割がNguyen(グエン)さん。 あっちもこっちもグエンさんなので、ベトナムで人を呼ぶときは、姓ではなく、名前(ファーストネーム)で呼ぶ。 ところが、名前の方もパターンがそこまで多くない。

ハノイ休校延長〜コロナウィルスとハノイの雰囲気(3/7、3/8)

3/8(日)のお昼前、ハノイ日本人学校から、3/9(月)からの休校の連絡が来た。 次の登校日は、3/8時点では決まっていない。 3/9(月)〜3/15(日)は休校決定 3/7(土)、スーパーに行ってみると

ハノイの銀行窓口で登録情報を変更(Techombank)

ハノイへ来てもうすぐ丸4年。 ずっと放置してきたことがある。 ATMから振り込みができない… 窓口で手続きすればできるけど、ATMからはできない。 【2020/3/21改稿:「外国人の送金は〜」を追記】

コロナウイルスに対するハノイの雰囲気(1月中旬〜3/4)

ハノイ全体の話ではなく、あくまで私の体験や見聞きした範囲だけど、これまでのことを振り返ってみる。 テト(旧正月)前の1月中旬 テト期間中の1月下旬 テト明けの2/3(月) 2/4(火)〜3/4(水)

ハノイ的いい天気とは(冬の場合)

先日、職場で、T君(ベトナム人。英語話者)に、きれいな発音の日本語で声をかけられた。 「お元気ですか?」

いまさらブログを始めてみる

ハノイで働きながら、一家3人で暮らして、もうすぐ丸4年。 非日常だった海外での暮らしもマンネリ化。 日々が記憶に残らなくなって久しい、今日この頃。