ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

メイドさん頼りなハノイの我が家

うちは、いわゆるコンドミニアム(分譲の集合住宅)の一室を、ベトナム人オーナーから借りて住んでいる。

日本人駐在員の多くが住むのは、家具家電付きの、コンドミニアムかサービスアパート。

サービスアパートの場合は、ホテルのように清掃/フロントサービスが付いているけれど、コンドミニアムには付いていない。

 

我が家のメイドさん

我が家は、週に3回、メイドさんに来てもらっている。

前任者の家もケアしていたメイドさんで、赴任当初からずっと、同じ人に来てもらっている。

メイドさんにやってもらっているのは、

そうじ、洗濯、アイロンがけ、洗い物、

そして家のトラブル時の対応。

f:id:zabon-inu:20200311164522p:image

メイドさんは50代後半くらいです)

 

私は普段なら平日の昼間は職場なので、メイドさんと会うことは少ない。

けれど、最近は子どもの学校の休校で、メイドさんの仕事中に、家にいることが多い。

 

トラブル発生

今日もメイドさんがそうじしている中、家にこもって、子どもに学校の課題をやらせていると...

 

何やらピンポンが鳴って、大家さん夫妻登場。

f:id:zabon-inu:20200311161742j:image

 

なぜいらっしゃったのか

事情がさっぱりわからない、私...。

何やら、メイドさんと大家さんはベランダへ。

私も様子を見に行くと、みんなで乾燥機を前にあれこれ言ってる。

メイドさんに身振り手振りで聞いてみると、どうやら、乾燥機が動かないようだ。

主な家具家電は大家さんの持ち物なので、修理の費用も手配も大家さん負担。

 

大家さんがどこかへ電話をかけて、しばらくすると...

またピンポンが鳴って、お兄さんが2人登場。

f:id:zabon-inu:20200314170721p:plain
f:id:zabon-inu:20200314170653j:plain

 

急に高まる、我が家のベトナム人・人口。

言葉が通じない人達が自宅に大勢いて、非常に肩身のせまい住人...。

ここまで私は何もしていない。メイドさん、ありがとう。

 

いざ修理

お兄さん達は乾燥機の背面をガッツリ開けて、何やらガチャガチャ。

 

↓理想の修理屋さんのイメージ

f:id:zabon-inu:20200311165039p:image

 

↓実際の修理の光景

f:id:zabon-inu:20200311164942j:image

直るのかな、これ...?

 

案の定と言うか...

20分程度で「直ったよ⭐︎」と兄さん達が引き上げていくも、その直後にメイドさんが試したら、うまく動かなかったようだ。

メイドさんが、怒り気味に電話で呼び戻し

何をもって修理完了と思ったのか、わからない...。

 

大家さん再訪問。

大家さんが電話で、修理屋さん達を呼び戻し。

修理屋さん再訪問。

大家さん、一旦帰宅。

しばらくガチャガチャ。

大家さん再再訪問。

メイドさんと大家さん、待機。

メイドさんの本日の残りの仕事は、乾燥機を回すのみ)

 

そんなことになってるうちに、お昼の時間に。

ベトナム人の皆さんが働いたり待機してたりする中、気まずい思いで、子どもと2人、お昼ご飯を食べた。

 

結局、大家さんの再訪問から1時間くらいで、修理完了。

大家さんと修理屋さんが帰ったあと、乾燥機が無事に使えたのを見届けてからメイドさんも帰っていった。

 

普段、私が家具家電の不具合に気付いて、メイドさんへ修理をお願いすることもある。

けれど、住人不在の間に、メイドさんの取り仕切りで、他にもいろいろメンテナンスしてもらってるんだなと、わかった。

メイドさん、今日もありがとう!

本帰国の予定は未定だけど、我が家がハノイにいる間は、このままうちに来てほしい。

 

追記:↓めでたしめでたしで終わりませんでした…。 

zabon-inu.hatenablog.com