ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

心が折れたので焼鳥〜ALL BLUE ハノイ

ハノイでぼちぼちで暮らしつつも、いろいろ疲れて気力がなくなることもある。

仕事で疲れたとき、家のトラブルがあったとき、何もないけどなんか楽しいことをしたいとき。

そんなときは、夫と子どもと一家3人で、外でおいしいご飯(という名の外飲み)。

この日は、子どものリクエストを採用し、ハノイの日本街リンランへと旅立った。

 

自分を信じて暗い路地を突き進め

日本食材店あくるひ(70 Linh Lang)でタクシーを降りる。

そのまま、リンラン通りを渡らずに、リンラン市場の方へ向かって行くと、最初の路地にこんな看板が出ている。

f:id:zabon-inu:20200319181414j:image

飲み放題 999円

日本円表記が新鮮。20万ドンってこと

(ドンにしないと価格感がピンとこない、もうすぐハノイ5年目。)

 

路地に背を向ければ、リンラン通りを挟んで向かい側は、こんな感じ。

f:id:zabon-inu:20200319181844j:image

 

なかなかのローカル感漂うこの路地を、

f:id:zabon-inu:20200319182023j:image

先の方にかすかに見える、赤い光をたよりに、進んで行くと...

 

こんなお店と、お姉さんが出迎えてくれる。

f:id:zabon-inu:20200319182249j:image

ALL BLUE

8, Ngo 70 Linh Lang
0948 006 886(たぶん日本語でOK)

 

ALL BLUEのALL BLUEなところ

一切、BLUEの要素がない外観だけど...
暖簾をくぐるとすぐに出迎えてくれる、おそばマスク

そして、麦わらの一味+α。

 

うん、ワ○ピースね。サ○ジ推しね。

それで、凄腕コックのサ○ジくんの憧れの海、

世界のすべての海の魚が住んでいるという、ALL BLUEなのか。

なるほどね!

...

って、ここ、焼鳥屋ですよね???

ハノイのうまいものがここにある!ってことだな...たぶん。

 

お客さんがいっぱいで麦わら達の写真を撮る勇気が出なかった。

↓写真はお店のFacebookからお借りしました。

https://www.facebook.com/ALLBLUE.YakitoriKitchen/

f:id:zabon-inu:20200320102912j:plain
f:id:zabon-inu:20200320095914j:plain

 

※後日、再訪の際に、階段からパシャリ。

f:id:zabon-inu:20200704184203j:image

 

ちなみに、私が知る限り、この界隈には、他にも、麦わらがいるパン屋とカフェがある。

 

まずは笹身炙りで一杯

ハノイに住んで、よかった&悩ましいのは、

ビールがとても安いこと。

f:id:zabon-inu:20200319190017j:image

サッポロの生ビール、一杯約225円

 

サッポロはベトナムに生産工場がある、かつベトナムは酒税が安いので、ハノイ日本食店では、だいたい39k〜70kドン(約195〜350円)で、サッポロ生ビールが飲めてしまう。

  • kは千=000。ベトナムドンから日本円へ大まかに換算するには、0を2つとって割る2、もしくは0を3つとって5倍する。

 

エムオーイ、ハイ ビアとモッ コカで。

(「すみません、ビール2つとコカコーラ1つで」の意。こんな言い方しなくても、このお店は日本語で大丈夫です。)

 

焼鳥は少し時間がかかるので、

まずは、笹身炙り(50kドン)で。

f:id:zabon-inu:20200319190901j:image

わさび醤油でうまーい!

紫蘇(ベトナムのは裏が紫)もムシャムシャ。

ハノイでこんな新鮮なササミが食べれるなんて...(感涙)。

価格設定が安すぎじゃないかと心配になる。

 

この後の肉三昧の前に、サラダも食べておこう。

All Blueサラダ(60kドン)

f:id:zabon-inu:20200319191246j:image

見た目はフツーだけど、甘いマヨネーズ+ごまドレッシングで、フライドココナッツのアクセントがおもしろい。

 

最高の白レバーとジューシーな焼鳥たち

サラダをモシャモシャしつつ、待っていると...


白レバーと皮キター!

f:id:zabon-inu:20200319222331j:image

白レバーは、全く臭みがなくて、外フワッ、中は半生とろ〜りで最高!

皮も外カリッ、中ぷるっ。

 

ハツとぼんじりも、

f:id:zabon-inu:20200319223203j:image

外カリッ、中はふっくらジューシー。

すばらしい焼き加減。

 

ビアが進むね。

f:id:zabon-inu:20200319223556j:image

(酎ハイやハイボールも良心的なお値段。)

 

焼鳥は1本12k〜30kで、2本から注文可。

つくね以外は、塩のみ(たぶん)。

 

〆は優しいお味の鶏ラーメンで

さてさて、焼鳥はもう十分かな。

 

子「ねえねえ、メシはなあに?」

父&母『散々食べたでしょ!
それを言うなら、シメ!』

 

えーっと、シメはメシ...じゃなくて、
スープラーメン(90kドン)で。

f:id:zabon-inu:20200319224850j:image

シメのために作られし、ラーメン

麺はチープ、見た目の派手さもないけど、
旨味たっぷりなのにあっさりな鶏スープで、するすると入っていく。

 

焼きおにぎりの入った、鶏スープのお茶漬けも今度試したい。

f:id:zabon-inu:20200319225412j:image

ランチセットは60k前後であるようだ。

 

ホールのお姉さん達の接客も気持ちよく、おかげさまで、癒された。

 

お店のオーナーは、日本の串焼き屋で修行した、ベトナム人のお兄さん。昨年11月にオープン。

味良し&コスパ良しで、ALL BLUEは、早くも、日本人のおじさま達の聖地になってきているけど、ベトナム人のお客さんもけっこう入っていた。

次は予約して来た方がよさそうだ。

 

飲食業にとって、しばらく厳しい状況だろうけど、乗り切ってほしい。