ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

ハノイの初夏の花見散歩(バンラン開花)

ベトナムは、4/30から超貴重な4連休。

例年なら、この時期は旅行に行くんだけど、それも難しいご時世。

そんなときは、身近なものを見直そう。

ハノイには、日本ではあまり見られない植物もたくさんある。

今日は、近所をぶらぶらしながら、今咲いている花を見てみよう。

(一部、別の日の写真もあります。)

 

5月初めのハノイの気候は?

ハノイは一応ぼんやりした四季がある。

4月までは、春?だったのかな。

最高気温は26度前後、最低気温は18度前後くらいの日が続いていた。

今年は日によってはけっこう寒くて、なかなか春らしくならないと思っていた。

 

けれど、今週くらいから、太陽が出て、気温も30度近くまで上がるようになってきた。

そろそろ初夏かな。

今日はこんなお天気。大気の状況的にお散歩日和とは言い難いけど…

f:id:zabon-inu:20200501180257j:plain
f:id:zabon-inu:20200501180003j:plain

 

週間予報によると、初夏が一瞬で過ぎ去り、灼熱の季節が来ちゃう!

f:id:zabon-inu:20200501175951j:plain

最高気温が体温超えてくるんですけど(泣)

ちなみにハノイは、これから6月にかけて、一年で一番暑くなる。

 

昼間に散歩できるのは、ここ数日で終わりだな...。

というわけで、いってきます。

 

長い期間、咲き続ける花

ハノイは四季があるといっても、冬も春も、日本よりはずっと暖かい。

なので、日本では夏の花でも、ハノイでは夏だけでなく長い期間、咲き続ける。

 

冬の間もちらほら咲いてた、ハイビスカス

暖かくなって花が増えてきた気がする。これは、八重でいっそう華やか。

f:id:zabon-inu:20200501175938j:plain

 

一年中咲いてる気がする、キョウチクトウ

濃いピンクの花が多い。

f:id:zabon-inu:20200502134157j:image

薄いピンクのものは、花びらが少し縮れてる。

f:id:zabon-inu:20200502134231j:image

 

キバナキョウチクトウもよく見かける。

f:id:zabon-inu:20200502134254j:image

花は細長い。

f:id:zabon-inu:20200502134325j:image

 

つる性のアマランダ。ふっくらした黄色の花。

暑い季節の方が元気な気がするけど、これもなんだかんだ一年中咲いてる気が…。

f:id:zabon-inu:20200501180641j:plain

 

これも、黄色の花で、長い時期咲き続ける、モクセンナ

小さな丸い花びらと葉っぱ。豆っぽい実がなる。

f:id:zabon-inu:20200501180203j:plain

 

季節を感じさせてくれる花

一年の大半、なんとなく咲いている花もあれば、時期が限られている花もある。

冬の終わりから春にかけて(1月末~3月)にきれいだった、フイリソシンカ(Hoa ban)

f:id:zabon-inu:20200501175831j:plain

f:id:zabon-inu:20200501175821j:plain

今は、こんな謎の豆の木と化している。

f:id:zabon-inu:20200501180236j:plain

 

フイリソシンカよりも少し前から咲いていた、ムラサキソシンカ(Hoa Ban Đỏ)は、まだ咲き続けている。けれど、もうすぐ終わりかな。

f:id:zabon-inu:20200501180215j:plain

f:id:zabon-inu:20200501180225j:plain

 

咲いたら夏本番の火炎樹(Hoa Phượng)は、まだ謎の豆の木。

f:id:zabon-inu:20200501180248j:plain

季節になれば、真っ赤な花が咲く。

(正しくは「ホウオウボク」らしいけど、ハノイの日本人は火炎樹って呼んでる。)

 

モクセンナ、ソシンカ、火炎樹... 

やたら、豆っぽい実がなる木が多いな、ハノイ

 

もう少し前の方がたくさん咲いていた、カエンボク

f:id:zabon-inu:20200501175851j:plain

花が10cm前後と大きいので、上から落ちてくるとびっくりする。

f:id:zabon-inu:20200501175841j:plain

 

カエンボクホウオウボク(火炎樹)ジャカランダは、「世界三大樹木」らしい。

カエンボク - Wikipedia

ジャカランダ以外は見れちゃう、ハノイ

 

そして、初夏になると咲き始める、プルメリア

f:id:zabon-inu:20200501180143j:plain

白をよく見るけど、この花はうっすらピンク。

f:id:zabon-inu:20200501180155j:plain

 

夏の始まりを告げるバンラン

そんな季節の花の中でも、日本の桜のようなポジションの花が、バンラン(Hoa Bằng Lăng)

バンランが咲き始める5月は、ベトナムでは学校の卒業を控えた時期。

そのためバンランは、「学生の花」、「友情の花」などと言われているそう。

 

毎年、バンランが咲くと、ハノイの夏が始まる。 

先週くらいは、つぼみばかりだったけど...

f:id:zabon-inu:20200501180036j:plain

今週に入ってから、ちらほら咲き始めた!

f:id:zabon-inu:20200501175924j:plain

f:id:zabon-inu:20200502134424j:image

f:id:zabon-inu:20200507134156j:plain
気が早くて、すでに満開の木も少しあった。

f:id:zabon-inu:20200501180059j:plain

f:id:zabon-inu:20200502134357j:image

来週の灼熱の気温で、もっときれいに咲くかな。

薄いものから濃いものまで、紫のグラデーションが楽しみだ。

 

ここまでの花の名前は、↓こちらで調べさせてもらいました。

ハノイの花ーハノイ歴史研究会

 

庭木には南国フルーツも

花を眺めるのも楽しいけれど、大きなお宅の庭には、果物の木もけっこう植わっている。

日本なら、柿や夏ミカンやびわだと思うけど、ハノイでよく見かけるのは...

 

大きな実がなる、ジャックフルーツ

f:id:zabon-inu:20200501181601j:plain

1月末くらいから実がなり始めたかな?

今もまだ小さいけど、食べごろには実は30cm以上になる。

f:id:zabon-inu:20200501175918j:plain

歩道まで木がせり出してきてるんだけど、もし、実が落ちてきたら…(^^;)。

 

最近になって、マンゴーも、緑の実をつけ始めた。

f:id:zabon-inu:20200501175907j:plain

こっちの木は、1~3cmくらいのすごく小さい実がびっしりなっていた。

f:id:zabon-inu:20200501182058j:plain

落ちてた実。小さいけど、マンゴーの形してる。

f:id:zabon-inu:20200501182050j:plain

 

なんの実か、種類が判別できないものも。

これは、チャイン(ベトナムのライム)かな? 柑橘系な気がする。

丸くて緑の3cmくらいの実がなっていた。

f:id:zabon-inu:20200501175912j:plain

 

この木にいたっては、なんなのかさっぱり...(^^;)

表面がツルッとした、薄緑の15cmくらいの実がなっていた。

f:id:zabon-inu:20200501182246j:plain

 

日本は今、どんな花が咲いて、どんな実がなっている季節だったかな。

遠くには行けないけど、身近なものの「今」を見て、楽しんでいこう。

今年は、せっかく日記を書き始めたので、季節の移り変わりを観察してみようと思う。