ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

ハノイの動物園&B級遊園地(トゥーレ公園)

ハノイのトゥーレ公園(Công viên Thủ Lệ)には、大人約100円/子ども約50円で、気軽に楽しめる動物園とB級遊園地がある。

ホアンキエム湖からは車で20分弱。

観光でわざわざ来る場所でもないけど、ローカル感たっぷりでなかなかおもしろい。

先日の平日の午後、買い出しついでに子どもと散歩に行ってみた。

 

いざ、チケットを購入して入場

トゥーレ公園は、珍しい動物はあまりいないけど、定番の動物は一通りいる。

規模は、大人の足なら、全部回っても一時間くらいかな。

 

入口が3か所あるけど、この日は富分(日系スーパー)で買い物をしたかったので、

地図の①の32 Duong Buoi側から入って、③へ抜けることにして出発。

f:id:zabon-inu:20200522135243p:plain

 

Duong Buoi(ブォイ通り)沿いでタクシーを降りて、動物園の入口へ。

f:id:zabon-inu:20200522135252j:plain

チケット売り場は入口のすぐ左。

f:id:zabon-inu:20200522135305j:plain

自分と子どもを指さして、チケットを購入。

大人20kドン(約100円)、子供10kドン(約50円)。

f:id:zabon-inu:20200522135319j:plain

 

入口の人にチケットを渡して入場。

園内マップ(③の近くにあった)はこんな感じ。いざ出発。

f:id:zabon-inu:20200522135042j:plain

 

まずは鳥がいっぱいのエリアから

まずは、入口から右手のゾーンへ。ワニと、鳥と鳥と鳥が待っている。

f:id:zabon-inu:20200522135343j:plain

 

ダチョウと間近でこんにちは。

f:id:zabon-inu:20200522135355j:plain

 

立派なジャックフルーツ...じゃなかった、カラフルなオウム

f:id:zabon-inu:20200522135406j:plain

 

恋の季節なのか、猛アピールの孔雀たち。

f:id:zabon-inu:20200522134643j:plain

 

売店はあちこちにあるので、のどが渇いても大丈夫。

ローカルなウィンナーなど、軽食も売ってる。

f:id:zabon-inu:20200522134705j:plain

トイレは...あるけどお勧めはしない(^^;)

昔の日本の公園のトイレくらいをイメージすればいいかな。

 

遊園地はB級&ちびっ子向け

公園を奥へと探検していくと、ローカルな香りが漂ってくる。

f:id:zabon-inu:20200522134632j:plain

 

奥って、孔雀さんですか? あんなにお手本がいるのに…。

f:id:zabon-inu:20200522134657j:plain

園内は、ちびっ子向けの遊園地でもある。

別料金で、それぞれの場所で現金払い。だいたい、20kドン(約100円)

 

①の入り口へ戻って、今度は左手側へ。

f:id:zabon-inu:20200522134716j:plain

 

少し行くと、池に出る。

ワニたちが守る橋を渡って、池の上の島へ。

f:id:zabon-inu:20200522134746j:plain
f:id:zabon-inu:20200522134814j:plain

 

島の上は、今度は、猿と猿と猿

f:id:zabon-inu:20200522134827j:plain

奥に見えてるアレ....

近付いていくと、

f:id:zabon-inu:20200522134839j:plain

白雪姫と4人の小人、とアジアなドラゴン

世界観がさっぱりわからない(笑)。

ちびっ子向けのジェットコースター。座席1列で20kドン(約100円)。

 

高低差はないけど、気前よく10週ほど走る。カーブのGがあなどれない。

池ぎりぎりを走るのが、けっこう気持ちいい。

大人も乗れるよ★(乗りました。)

 

島を通り抜けて③の方へ出ることもできるけど、

途中でお猿にお別れして、元の橋へ戻る。

f:id:zabon-inu:20200522134847j:plain

 

今度は池の左側を道なりに、進んでいく。

ワオキツネザルや、ヤマアラシや、ウンピョウ的な動物たちを横目に...

 

こんなのや、

f:id:zabon-inu:20200522134728j:plain

しっぽがリアルで怖い...

こんなのや、

f:id:zabon-inu:20200522134801j:plain

本日2回目のジェットコースターに乗車。

こんなのに、

f:id:zabon-inu:20200522135001j:plain

これは本格的?お化け屋敷。

乗ってみたり、おびえたりしながら、道なりに進んでいくと、

一番動物園らしいゾーンへ。

 

意外と(失礼)動物がいっぱい

Dao Tan側の入口へ近づくと、大きなコーナーが増えてくる。

写真は、たくさんいる動物のごく一部だけど...

 

広々なスペースの奥に、キリン

f:id:zabon-inu:20200522134904j:plain

 

草食&小型で一括りにされてしまった、馬、羊、ヤギ、そして鹿

f:id:zabon-inu:20200522134917j:plain

 

テナガザルの檻の向こうには、象のスペース。

f:id:zabon-inu:20200522134924j:plain

子「こぶがあるから、アジア象?」 正解です。

f:id:zabon-inu:20200522134949j:plain
f:id:zabon-inu:20200522134937j:plain

 

カバがめずらしく水の上に上がってた。

f:id:zabon-inu:20200522135014j:plain

 

園内は、ちゃんと掃除とか管理されてる。

落ち葉を掃除するのは、切りがなくて大変そう(^^;)。

f:id:zabon-inu:20200522135023j:plain

 

この辺りは、虎と虎と虎ライオンだけど、みんな爆睡で奥に小さくしか見えなかった...。

そのあとの、熊と熊と熊も同じく。

なので、写真はなし。

 

③のゲートに近づいてくると、こんな記念撮影コーナー(有料!)。

f:id:zabon-inu:20200522135033j:plain

辛うじて動物園らしいのは、虎だけ(笑)。

このクオリティでも、休日は地元のちびっ子でにぎわう。

 

見ようによっては絵になる? 懐かしい雰囲気の遊園地

f:id:zabon-inu:20200522135053j:plain

ベトナム定番? 子供に人気の、石膏人形に色を塗るコーナーも。

f:id:zabon-inu:20200522135120j:plain

 

池には、目力が強すぎるスワンボートたち。

f:id:zabon-inu:20200522135106j:plain

③のゲートの外に乗り場がある。料金は忘れた。

 

③のDao Tan側のゲートを出て、動物園バイバーイ。

f:id:zabon-inu:20200522135133j:plain

 

トゥーレ公園への行き方と入口3か所

トゥーレ公園(Công viên Thủ Lệ)には、3か所の入口がある。

①か③から入るのがお勧め。

f:id:zabon-inu:20200522135243p:plain

 

①Duong Buoi沿い(32 Duong Buoiからすぐ)

車でアクセスするなら、ここが一番ゲート近くまで行きやすい。

トゥーレ公園-Duon Buoi側の入口。

トゥーレ公園-Duon Buoi側の入口。

タクシーなら、「Cong vien Thu Le, 32 Duong Buoi (コンビエン トゥーレ、バーハイ ゾンブォイ)」などと、伝えれば行ける。

 

Grabなら、「vuon thu hanoi」と入力して、住所が「32 Duong Buoi」のものを選ぶ。

トゥーレ公園-Grabでの行き方。

トゥーレ公園-Grabでの行き方。

 

②Kim Ma通り沿い(住所不明)

Kim Ma通りの一方通行の道沿い。

Grabだと住所指定が難しい。(なぜか反対側の道が指定される可能性有り。)

トゥーレ公園-Kim Ma側の入口。

トゥーレ公園-Kim Ma側の入口(園内から撮影)。

最寄りのバス停が「Vuon Thu Ha Noi」とあったので、バスなら行きやすいのかも。

私はここから入ったことはない。ここから入ると鳥と鳥と鳥のエリア。

 

③Dao Tan通りのそば(9A Dao Tanの近く)

動物園らしい動物だけ見ればいいなら、ここから。

トゥーレ公園-Dao Tan近くの入口。

トゥーレ公園-Dao Tan近くの入口。

上の地図の通り、富分やLotteからも歩ける距離。

ただし、交通量の多い道を横断しなければいけないので、十分に注意で。

Lotteからは、Nguyen Chi ThanhとDao Tanの交差点なら、信号がある。

 

車で直接アクセスするなら、9A Dao Tanのシーフードレストランを指定して、少し歩けば行ける。

 

おわりに 

トゥーレ公園には、写真を撮った以外にも、まだまだたくさんの動物がいる。

子連れだけでなく、B級好きにも、散歩好きにも、お勧めのトゥーレ公園。

料金も安いので、機会があれば、ちょこっとのぞいてみては?

 

↓日系スーパー富分や、この付近のほかの話。よろしければ、こちらも。

zabon-inu.hatenablog.com