ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

ライチと蓮と火炎樹〜ハノイの夏の初めを楽しむ

ハノイは、ぼんやりした四季があり、5月から10月くらいまでは暑い時期。

特に6月は一年で一番暑く、35度以上の日が続く。

今日は、5月頭から6月にかけての、夏の初めのお楽しみについて、書いていく。

 

ライチは大粒の早生種から

ライチは5月中旬から7月くらいにかけてしか、出回らない。

今年は5/18に、行商で売っているのを見た。

f:id:zabon-inu:20200530092426j:image

このあと、ミニマートで買ってみたけど、鮮度がイマイチだったので、

先週、ライチを買いにリンランの市場へ寄った。

f:id:zabon-inu:20200530092046j:plain
f:id:zabon-inu:20200530092226j:plain
看板が新しくなってる!平日の夕方とはいえ、活気が戻ってなくて心配...。

外の通りに面した果物屋さんで。ライチを購入。

1束3キロ弱で、140kドン(約700円)。

f:id:zabon-inu:20200530092813j:image

1束全部は多すぎるので、頼み込んで、1キロ分だけ、70kドン(約350円)で売ってもらった。

f:id:zabon-inu:20200530093221j:image

値切れたのかもだけど、量を減らしてもらったし、いいや。 

zabon-inu.hatenablog.com

 

夕方なので、鮮度はやや落ちてたけど、お味はどうか? 

この時期のライチは早生の品種で、粒の直径は3cmくらい

f:id:zabon-inu:20200530093340j:image

色は、上の方は赤く、下の方はやや黄緑っぽい。

 

皮をむいて、いただきまーす。

f:id:zabon-inu:20200530093531j:image

ぷるんとした果肉にかぶりつけば、

ジュワッとジューシー!

ほのかな酸味と、爽やかな甘味でおいしい!

 

種は真ん中に一つ。けっこう大きい。


f:id:zabon-inu:20200530093802j:image

f:id:zabon-inu:20200530093759j:image

もう少しすれば、小粒の品種の赤いライチが出てくる。

そちらの方が、安くて甘くて種も小さくて、おいしいって評判。

だけど、私はこの超ジューシーな早生のライチがけっこう好きだ。

 

蓮は花束から

蓮池(Ho Sen Tay Ho)に蓮を見に行くなら、6月末から7月にかけてが、本番と聞く。

f:id:zabon-inu:20200602163909j:plain

ある年の6月頭の蓮池。まだ花が少ない。

花束は、それよりも少し早めに5月中旬から出始める。

今年は、ライチと同じ日、5/18に行商で花束を売っているのを見た。

 

これは違う日の写真だけど、こうやって自転車に積んで、売っていることが多い。

f:id:zabon-inu:20200530230955j:image

 

でも買わなかったので、写真は何年か前のものだけど...(^^;)

 

蓮の花束はこんな感じで、蓮の葉できれいに巻かれている。

f:id:zabon-inu:20200530095416j:image

花の色は、ピンクや白がある。

 

肝心の花束がピンボケだけど、

茎が長くて、けっこう大きい

f:id:zabon-inu:20200530100324j:image

個人的には、買うのに割と気合が必要...(^^;)

お値段は80kドン(約400円)前後だったかな?

 

蓮の花は朝開く。

写真のタイムスタンプによると、これが買った翌日の7:30。

f:id:zabon-inu:20200530095607j:image

ちょっと開いてきた!

 

と思って、10分後にふと見たら、

f:id:zabon-inu:20200530095704j:image

急に咲いてる!

 

蓮の花は水を吸い上げる力が弱く、切り花だと花が開かないこともある。

っていうか、これの次に買った花束は、固く閉じたつぼみのまま枯れた(泣)。

今年買うことがあれば、水揚げ方法を調べて、やってみたい。

 

樹の花はバンランから火炎樹へ

5月の頭、夏のはじまりを告げたのは、バンラン

f:id:zabon-inu:20200530110637j:image

咲き始めは、赤味の濃い紫だった。

 

5月中旬には、花盛りに。

f:id:zabon-inu:20200530110935j:image

黒くて大きな丸い蜂が、足にたくさん花粉を集めていた。

 

何度か雨に打たれていくうちに、次第に花の色は、赤味が抜けていき、


f:id:zabon-inu:20200530110834j:image

f:id:zabon-inu:20200530111103j:image

落ちる頃には、淡い紫に。

 

5月末になり、

盛りをすぎたバンランに代わって、咲き始めたのは、火炎樹(ホウオウボク

f:id:zabon-inu:20200530111246j:image

 

まだ、咲いてない木も多い。

f:id:zabon-inu:20200530111317j:image

 

青空に、真っ赤な花が鮮やか。

f:id:zabon-inu:20200530111355j:image

晴れると日差しが強く、暑くて身体に堪える。

けれど、長かった鉛色の空の季節より、やっぱりこっちの方が気分も晴れる。

zabon-inu.hatenablog.com

 

おわりに

ハノイは、今年の夏は猛暑と言われているらしい。

今週の天気予報では、いよいよ、35度以上の毎日がやってきそう。


f:id:zabon-inu:20200530112626j:image

f:id:zabon-inu:20200530112645j:image

そして、体感温度」は40度以上になるだろう。

 

ハノイは、4月までは寒い日もたまにあるのが、5月から6月にかけて急激に暑くなるので、毎年身体がキツい。

 

けれど、ぼんやりしたハノイの四季の中で、一年で一番、季節の変化を鮮やかに感じられる時期でもある。

今だけの季節の変化を楽しみながら、夏バテに注意しつつ、過ごしていきたい。