ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナム・ハノイのマッサージ事情とAnZen Spa(42 Phan Ke Binh)

ベトナムや東南アジアで旅行といえば、マッサージをためす人も多いだろう。

ハノイでも、日本よりずっと安いお値段で、様々なグレードのマッサージを受けられる。

今日は、ベトナムハノイのマッサージ事情と、先日行った「AnZen Spa」について書いてみる。

  • お金について:kは千=000で、10kなら1万ドン=約50円。ベトナムドンから日本円へ大まかに換算するには、0を2つとって割る2、もしくは0を3つとって5倍で。

 

ベトナムハノイのマッサージ事情

あくまで私が体験した範囲でだけど...

 

かなり安い値段から受けられる

f:id:zabon-inu:20200527131634p:plain

いろんなグレードのお店がある。

お値段は本当にピンキリ。ガイドブックなどでも有名な、ハノイのお店をあげていくと、

 

お手軽なマッサージのVan Xuan(ヴァンスアン)なら、例えば、

  • フットマッサージ70分:160kドン(約800円)
  • ボディマッサージ70分:200kドン(約1,000円)

+要チップ。

Van Xuan Massage

(Webサイトは英語対応。)

 

ちょいリッチな街スパのSF Spa(エスエフスパ)でも、例えば、

  • ベトナム式ボディマッサージ60分:499kドン(約2,500円)
  • ベトナム式ボディマッサージ120分:960kドン(約4,800円)

+要チップ。

SF Spa | Best spa massage of Hanoi Old Quarter on Tripadvisor

(Webサイトは日本語対応。ネット予約可。)

 

マッサージの品質は、街の中級くらいまでのお店だと、施術者によるところが大きく、運次第。

 

マッサージのチップの相場は?

f:id:zabon-inu:20200527131814p:plain

マッサージはチップ必須。

ベトナムはチップ文化ではないけど、マッサージは別。

マッサージ店によっては、施術者の収入はチップだけなんてもこともある。

相場は、1時間につき、50kドン~100kドン(約250円~500円)と言われている。

 

正直、高級店と格安店で変えるべきなのかとか、よくわからない。

私は、お店のグレードに関わらず、1時間につき100kドン(約500円)を基準にしている。

けち臭いなとは思うけど、90分なら150k(約750円)渡している。

今のところ、がっかりされたことはないから、大丈夫と思いたい(^^;)。

 

フットマッサージとボディマッサージの違いは?

まず、フットにしろ、ボディにしろ、ベトナムではオイルマッサージが主流

オイルを塗って、押しながらスライドする感じ。

 

フットマッサージは、フットと言いつつ、着衣のまま全身もんでくれる

f:id:zabon-inu:20200527131810p:plain

フットはマッサージチェアで。

例えば、Van Xuanの70分フットだと、足のほかは、軽く、肩や腕、腰などをもむくらい。素肌の部分にはオイルを使う。

90分以上になってくると、がっつり全身もみつつ、ホットストーンも付いてたりする。

お店が半袖/半ズボンのマッサージ着を用意していることが多いので、長ズボンで行っても大丈夫。

 

じゃあ、ボディマッサージはと言うと、パンツ一枚でガッツリ全身もまれる

f:id:zabon-inu:20200527132954p:plain

ボディはベッドで。

一瞬ガウンに着替えさせられたりすることがあっても、すぐに身ぐるみをはがされる(笑)。

お店によっては、NGエリアを指定しておかないと、胸部/腹部も容赦なし

 

よく行くお店:AnZen Spaは安全&快適

旧市街やタイ湖などいろんな場所のマッサージに行ってみたけど、日本人が集まるリンランエリアのAnZen Spa(アンゼンスパ)に通っている。

名前の響きが気になる(笑)けど、この辺りに多い、VIPマッサージ(いわゆる男性向け)ではなく、普通の街スパ。

 

お店はリンランからすぐのファンケビン沿い

住所は42 Phan Ke Binh

老舗日本食レストラン、味楽(みらく)のお隣

f:id:zabon-inu:20200527152315j:image

日本人もそれなりに通っていると思うけど、ベトナム人のお客さんがとても多い。

ってことは、コスパがいいと思ってる。

 

マッサージの予約方法&英語の例

時間によっては飛び込みで入れるけど、予約をして行った方が無難。

電話で、日本語か英語で。Facebookへ英語メッセージを送ってもいいかも。

Hotline: +84 90 183 86 68

https://www.facebook.com/AnZenspa.massage

 

超片言だけど、英語なら、こんな感じで通じる。

Hello.
My name is XXXX.
I want to make a reservation.
At 3 pm, 27-05. 
For 1 person,
for 90 mins foot massarge,
by female therapist.

ベトナムの日付の言い方は、日が先で月が後。フットマッサージでも背中など素肌に触れる可能性があるので、必要なら性別を指定

 

余談だけど、ハノイでは、マッサージを「マッサー」と言っている。

口頭なら、こちらも「マッサー」で。

 

メニュー豊富できれいな街スパ

お店が再開してしばらくたったので、先日、久しぶりに行ってみた。

お店のフロントはこんな感じで、こじんまりした街スパ

f:id:zabon-inu:20200527152249j:image

このお店のいいところは、設備が比較的新しいのと、清潔なところ。

 

フットやボディマッサージだけでなく、美容系のマッサージにも力を入れている。お値段+別途チップが必要。

f:id:zabon-inu:20200527131718j:plain
f:id:zabon-inu:20200527131657j:plain
f:id:zabon-inu:20200527131727j:plain
f:id:zabon-inu:20200527131707j:plain

この日は、いつも通り、90分のフットマッサージ、定価は290kドン(約1,450円)

 

90分のフットマッサージは大充実

流れをざっと紹介すると、

まずは、更衣室で、半袖後ろボタン/半ズボンのマッサージ着に着替えて、荷物を鍵付きロッカーへ

 

マッサージ室は2~3人用の個室で、他のお客と一緒にされたことはない。

f:id:zabon-inu:20200527131750j:plain

 

顔の部分に穴が有る、マッサージ専用の椅子に仰向けに横たわる。

首と腰の部分にはあったかい枕、足元には足湯。

f:id:zabon-inu:20200527131759j:plain

 

マッサージは、フットといいつつ、全身フルコース!

  1. 足湯しつつ、頭と顔をオイルなしでもみもみ。
  2. 首、肩をもみほぐし。
  3. オイルをつけて、
  4. 足湯終了で、足をふきふき。
  5. オイルをつけて、足、ふくらはぎ、前もも
  6. うつぶせになって、背中のボタンをフルオープン。
  7. 背中を強めにマッサーのち、ホットストーン
  8. 腰とおしり上部ももみもみ。
  9. 裏もも、ふくらはぎホットストーン
  10. 起き上がって、ストレッチ。

ぼーっと癒されたので、順番の前後や抜け漏れはあるかも(^^;)

 

もし、枕やホットストーンが熱すぎる、部屋が寒い、マッサーが強すぎなどあれば、日本語+身振りで意思表示しよう。状況でだいたい通じる。

 

チップとお会計はマッサージの後で

終わったら、更衣室で着替えて、荷物を持って、1階へ。

フロントへ行く手前で、施術者がお茶をくれるので、ここでチップを渡す。

相場は、1時間につき、50kドン~100kドン(約250円~500円)。

この日は90分で150kドン(約750円)渡したら、にこっとしてくれた。

 

そして、お茶を飲んだら、フロントでお会計。

チップの小銭がない場合は、先に会計してお金をくずしてから、チップを渡すのも有り。

 

在住者だと、回数券を勧められる。

f:id:zabon-inu:20200530183643j:image
f:id:zabon-inu:20200530183646j:image

私はプロモーションの時に、5回分の金額で7回使えるものを買った。(平常時は5回分で6回。)

本日は、チップを含めても、

90分フットマッサージで約357kドン(約1,790円)!

 

おわりに

ハノイのマッサージは、日本よりはずっと安いお値段で受けられて、お店のグレードも豊富。

観光なら、格安マッサージを何回も試すも良し、せっかくなので高級スパでゆっくりするも良し。

日系ビジネスホテルのマッサージも手堅くてお勧め。

機会があれば、お試しあれ。

 

↓お店の周辺には市場や路上カフェも。よろしければ、こちらも。

zabon-inu.hatenablog.com

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ