ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

タイ湖に蓮を見に行く~ハノイの真夏のお花見

ベトナムハノイの夏の花と言えば、蓮。

ハノイの一番暑い時期、6月から7月に、タイ湖の蓮池などで蓮を見ることができる。

蓮の花が開くのは早朝。

毎年季節になると、行ってみたいなと思い続けて、5年目。

子どもと2人で、早朝にタイ湖の蓮池に出かけてみた。 

 

早朝のタイ湖の蓮池へ

ふう、朝日がまぶしいね。

f:id:zabon-inu:20200711114052j:plain

時刻は午前6時すぎ。すでに気温は30度近い。

f:id:zabon-inu:20200711114234p:plain
f:id:zabon-inu:20200711114241p:plain

日中よりはだいぶ涼しいけど、湿度が高くて、暑いなあ。

でも、来週の気温を見ていると、今日来て正解かもね。

 

ハノイで蓮を見られる場所はいくつかあるみたいだけど、今日はタイ湖の北の蓮池へ。

旧市街からは、タクシーで20分前後。

 

入口のそばでは、蓮の花束をせっせと作って売る人々。

f:id:zabon-inu:20200711114115j:plain

入口のお兄さんに、1人50kドン(約250円)を支払って、中へ。

子どもの分はかからなかった。ラッキー。

f:id:zabon-inu:20200711114103j:plain

 

蓮池はローカルな写真撮影スポット

入口すぐの屋根のある部分には、ずらっとレンタルアオザイが並んでいた。

f:id:zabon-inu:20200711114630j:plain

ベトナム人マダム&ガールズがこちらで着替えて、メイク。

メイク道具、もりもり。

f:id:zabon-inu:20200711114643j:plain

反対側では、おじさん達が簡易版の蓮茶を束ねていた。

f:id:zabon-inu:20200711114618j:plain

f:id:zabon-inu:20200711114606j:plain

蓮池の中は、通路が真ん中に一本。

f:id:zabon-inu:20200711114529j:plain

そのわきに、竹の桟橋が数本伸びていて、蓮の近くで写真を撮れる。

f:id:zabon-inu:20200711114123j:plain

ベトナム人のみなさまは、アオザイや民族衣装に身を包み、カメラマンを付けて、ガチの撮影会。

f:id:zabon-inu:20200711114331j:plain

子連れ(女子限定)で、親子で撮影を楽しむ人々もいた。

男性陣は撮影には来ないんだね(笑)。

 

蓮の花を間近で楽しむ

我々も蓮を楽しむべく、空いている桟橋へ。

f:id:zabon-inu:20200711114207j:plain

空いているところは、花が少ないな...。

っていうか、ピークを外しているのか、蓮の花が思ったより、少ない(泣)。

f:id:zabon-inu:20200711114338j:plain

でも、間近で見ると、やっぱりきれいだね。

f:id:zabon-inu:20200711114358j:plain

けっこう、ミツバチが多くて、ドキドキ。

f:id:zabon-inu:20200711114226j:plain

撮影用の桟橋近くは蓮の花がある。この桟橋は一番人気だった。

f:id:zabon-inu:20200711114424j:plain

外で買ったであろう、花束を持って撮影している人が多かった。

f:id:zabon-inu:20200711114346j:plain

桟橋から離れると、ほとんど花がない。

なぜかと言うと...

f:id:zabon-inu:20200711114248j:plain

おじさんが、小舟で蓮の花を収穫していた。

f:id:zabon-inu:20200711114255j:plain

おじさん、うちの子に、白い蓮を一本くれた!

f:id:zabon-inu:20200711114301j:plain

収穫された蓮の花は、蓮茶を作るために使われるようだ。

蓮茶は、花の中央を取り巻く、黄色の雄しべを使って、茶葉に香りを付ける。

f:id:zabon-inu:20200711114438j:plain

花びらはスパなどに卸すらしい。

 

花びらが散ったあとは、真ん中の部分だけが残る。

f:id:zabon-inu:20200711114312j:plain

この部分が大きくなると、中には種=蓮の実が。

f:id:zabon-inu:20200711114323j:plain

っていうか、だれかつまみ食いした?(笑)。

ベトナムでは、蓮の実もよく食べられている。

f:id:zabon-inu:20200811162118j:image

 

お土産に蓮の花束を

蓮池を楽しんで、朝食を食べたあと、数年ぶりに蓮の花束を買って帰宅。

蓮の花束は、花を葉で束ねるのがスタイル。

f:id:zabon-inu:20200711114703j:plain

子どもの希望で、白を買ってみた。70kドン(約350円)

(ピンクは100kドン(約500円)だった。)

 

蓮の花束は、長い。全長80cmくらい。

f:id:zabon-inu:20200711114654j:plain

茎の部分は、けっこうとげがある。

そのまま持つと痛いので、お店の人が、茎の部分にも蓮の葉を巻いてくれた。

 

うちの唯一無二の花瓶は、小さい。

このままでは生けられないので、茎をがっつりカット。

茎の断面は、蓮根と同じ形!

f:id:zabon-inu:20200711114715j:plain

蓮は水揚げが悪い。水揚げ専用の道具があるみたいだけど、うちにはない。

せめてもと思い、茎をシャワータイプの水道に密着させて、水を勢いよく流し入れてみた。

 

花瓶に入れて、少ししたら、ふわっと花が開いた。

f:id:zabon-inu:20200711114725j:plain

ピンクが定番だけど、白もいいね。

 

真夏のお花見はやっぱり暑かったけど、住んでいる街で観光気分を味わえてよかった。

この蓮の花束は、買った時から花が少し開いていたので、日持ちするかはわからないけど、少しでも長く楽しめるといいな。 

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ