ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイの名店、フォー・ザー・チュエンで念願の朝食を

ベトナム料理といえばの、フォー。

フォーはベトナム北部のハノイが発祥といわれ、ハノイには、フォーボー(牛肉のフォー)とフォーガー(鶏肉のフォー)の専門店がたくさん。

フォーの具は、お肉のほかは、青ネギやパクチーなどの香草が少し。

仕事の休みをもらった平日、ずっと気になっていた、ハノイのフォーボーの超人気店「フォー・ザー・チュエン」(Pho Gia Truyen)に、初めて行ってみた。(在住5年目...。)

 

旧市街西のフォー・ザー・チュエン(49 Bat Dan)へ

フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Truyen)は、ハノイの旧市街の西側。ハンザ市場の近く。

ホアンキエム湖の北の広場からは、徒歩10分弱。

行列の絶えない、フォーボー(牛肉のフォー)の専門店。

お昼は営業しておらず、毎日、

  • 朝は6:00〜10:00
  • 夜は18:00〜20:30

ただし、スープがなくなると、時間前に店じまいすることも

 

...という情報を事前に知りながら、出遅れた(^^;)。

Grabの到着予定時刻は、朝の部の終了間際の9時半...。

f:id:zabon-inu:20200922184050j:image

あちこちで朝ごはんを食べる人々を横目に、車で向かう。

f:id:zabon-inu:20200922184202j:image

もし、フォー・ザー・チュエンが売り切れでも、選択肢はいっぱいあるね★

f:id:zabon-inu:20200922184158j:image

と、自分に言い聞かせつつ、向かっていくと...

f:id:zabon-inu:20200922184428j:image

 

間に合ったー!

f:id:zabon-inu:20200922184432j:image

平日の9時半なのに、混んでるなあ。

 

まずは注文

お店についたら最初に、店頭のカウンターで、注文と支払いをして、できあがりを待つ。

f:id:zabon-inu:20200922194515j:image

メインはフォーボーのみ。お肉違いで3種。

f:id:zabon-inu:20200922191527j:image

お肉は、スープをかけて火を通す半生(しゃぶしゃぶくらい)と、あらかじめ柔らかく茹でたもの

  • Tai Nam(タイ・ナム)は、半生と茹でたものと両方乗せ。60kドン(約300円)。
  • Tai(タイ)は、半生のみ。55kドン(約275円)。
  • Chin(チン)は、茹でたもののみ。50kドン(約250円)。

 

トッピングは、メニューにもあるTrung Ga(チュン・ガー)こと生卵と、定番の揚げパン(写真の右側)。

f:id:zabon-inu:20200922193929j:image

自分の分を待ちながら、カウンターの様子を見学。

おばさんが、茹でたブロック肉を、大きな包丁で薄切りにしていく。

f:id:zabon-inu:20200922194148j:image

切ったお肉を、フォーの麺が入れられた丼へ。

生のお肉や香草も乗せて、

f:id:zabon-inu:20200922194339j:image

上から、スープを注げば出来上がり。

f:id:zabon-inu:20200922235911j:image

なみなみ入ったフォーの丼を持って、空いてる席へ。

f:id:zabon-inu:20200923000312j:image

閉店間際のはずなのに、大盛況。

 

いざ、実食!

せっかくなので、両方乗せのTai Nam(タイ・ナム)に。

f:id:zabon-inu:20200922194843j:image

牛肉もりもり!

 

お箸をペーパーで、軽くふいてから、

f:id:zabon-inu:20200922195003j:image

いただきまーす!

f:id:zabon-inu:20200922195045j:image

ああ、やさしい

柔らかく滑らかなフォーに、牛肉の旨味たっぷりだけどあっさり味のスープが絡み、香草がふわっと香る。

 

フォーって、こういう食べ物だったのか

フォーは何度か食べたことはある。

でも、コシのないフォーの麺自体のおいしさが、いま初めてわかった。

 

茹でた方のお肉は、ほろほろ柔らか

f:id:zabon-inu:20200922195703j:image

でも、ちゃんと旨味も残ってる。

ネギが合うね〜。

 

半生の方のお肉は、しっとり柔らか

f:id:zabon-inu:20200922195624j:image

「半生」と書いてるけど、ローストビーフ以上しゃぶしゃぶ未満くらい。

このお肉から追い出汁が出てるね。

 

香草は青ネギ(アサツキ?)メインで、細かく切ったパクチーに、ミントも少し。

他にも入ってるのかもだけど、わからない(^^;)。

f:id:zabon-inu:20200922213623j:image

強すぎない、香りのハーモニーがいい感じ。

 

ああ、沁みるなあ

f:id:zabon-inu:20200922213516j:image

 

あっさり味をおいしく食べていたけれど、量がけっこう多いので、味を変えたくなってきた。

 

周りの人も入れていた、チリソースを投入。

f:id:zabon-inu:20200922214302j:image

けっこう、辛い!

酸味はなくて、豆板醤っぽい風味。

f:id:zabon-inu:20200922214839j:image

最後まで、おいしゅうございました。

 

おわりに

フォー・ザー・チュエンでは、ハノイの人々が愛する、おいしいフォーボーが食べられた。

f:id:zabon-inu:20200922195624j:plain

数々のガイドブックでも推されている理由が、よくわかった!

 

もう一つの超有名店、フォー・ティン(Pho Thin)は、ガツンとパンチのある味

どちらのお店もおいしいけれど、フォー・ザー・チュエン(Pho Gia Tuyen)は、王道のフォーのおいしさだと思う。

 

さて、朝ごはんを食べて、時刻はまだ10時。

f:id:zabon-inu:20200922215703j:image

せっかくだから、ここから旧市街のにぎやかな通りを散歩しよう。

f:id:zabon-inu:20200922220234j:image

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ