ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナム・ハノイの雨季〜2020年夏の気候を個人の体感で振り返り

ベトナムといえば、南国のイメージだと思うけど、北部のハノイには、ぼんやりした四季がある。

一年の半分くらいは夏だけど。

ハノイの気候について、一般的に言われていることと、今年の私の体感について書いてみる。

個人の体感なので、異論はあると思います。ご参考までに。

 

ハノイの乾季/雨季、四季

ハノイの気候について、一般的に言われているのは...

 

乾季と雨季

個人的には、ここまでパッキリかな?って気がするけれど、2つの時季にわかれる。


f:id:zabon-inu:20200929231241p:image

f:id:zabon-inu:20200929231539p:image
  • 乾季:11月〜4月
  • 雨季:5月〜10月

ただし、乾季でも日本よりは湿度が高く、からっとしているとは言い難い。

そして、特に12月〜2月の冬場は曇天が多い。

 

四季

日本よりもずっとぼんやりしているけど、ハノイには四季がある。

乾季と雨季の変わり目に、一瞬、春と秋。


f:id:zabon-inu:20200929231308j:image

f:id:zabon-inu:20200929231332j:image

f:id:zabon-inu:20200929231317j:image

f:id:zabon-inu:20200929231337j:image
  • 春:3月〜4月
  • 夏:5月〜10月(6月〜8月は猛烈に暑い)
  • 秋:11月
  • 冬:12月〜2月(1月中旬〜2月頭が特に寒い)

暑い時季は大気が比較的きれいで、寒い時季ほど大気汚染がひどくなる傾向。

 

以下は、個人の体感で書いていく。

 

ハノイの「雨季」って実際は?

5月〜10月は雨季と言われているけれど、ずっと雨が続くわけではない。

時季でいえば、8月は雨の日が多めかな。

f:id:zabon-inu:20200929182612j:image

時間帯でいえば、夕方にどばっとまとめてスコールが降ることが多い。

f:id:zabon-inu:20200929184721j:image

雨の日や雨の時間は限られているので、日本の梅雨の時季のように、傘をさして、雨靴履いて活動する機会は少ない。

f:id:zabon-inu:20200929182659j:image

安いから、気軽にタクシーに乗れるし。

バイクの人なら、雨合羽。

f:id:zabon-inu:20200929182740j:image

雨の振り方も、霧雨またはスコールが多いので、傘の効果を実感しづらいのもある。

 

雨季にハノイに短期滞在(旅行や出張)する場合、気候だけを考えれば、暑さもそれほどではなく、雨もそこまで多くない、5月か10月がお勧め。

 

乾季を含めてでも、ハノイのベストシーズンは、11月10月5月かな。

乾季は降水量が少なめだけど、曇天続きで大気汚染がひどいときも多い(^^;)

大気汚染がなければ、冬と言っても日本ほどは寒くないので、街歩きはしやすいんだけど。

 

ハノイの2020年の雨季/夏の印象

ハノイでは、5月から10月までは、真夏の服装+冷房対策に薄手の長袖が1枚あれば暮らせる。

短期滞在なら、荷物は少なくて済む時季。

2020年を振り返ってみると...

 

5月は、初夏といった感じで、晴れ間も多く、空気もわりときれいで気持ちよかった。

f:id:zabon-inu:20200929183234j:image

4月くらいまでは曇天が多く、暖かいのと寒いのとを行ったり来たりだったので、5月になって季節ががらっと変わった印象。

日本のGW明けくらいから、屋外プールで泳げるような日も出てきた。

 

6月は、一年で一番暑い。

f:id:zabon-inu:20200929190118j:image

毎日、気温は40度近く体感温度は50度近く)なり、とても、昼間に外で活動できる感じじゃない。

夜でも気温が30度以上なことも。


f:id:zabon-inu:20200929232247p:image

f:id:zabon-inu:20200929232254p:image

日本から来ると気温差もあって、死ぬほど暑く感じるだろうけど、蓮とライチと火炎樹を楽しみたいなら、この時期。


7月もまだまだ暑い。

身体が猛烈な暑さに慣れてくるとともに、長すぎる夏にげんなり。

f:id:zabon-inu:20200929190131j:image

体温超えの38度前後の日がつづく...。


f:id:zabon-inu:20200929175204p:image

f:id:zabon-inu:20200929175211p:image

36度(体感温度45度)は、外で息をするのも苦しい。


8月に入ると、30度前後の日も出てきて、ほっと一息。

まあ、気温が下がるのは、雨の日が増えるからだけど。

f:id:zabon-inu:20200929184045j:image

今年は、30度前後の週と、35度前後の週を交互に繰り返しながら、少しずつ気温が下がっていった印象。

30度前後だと、屋外プールは、寒く感じることも。

 

9月は、何日かおきに雨が降ったりやんだりだけど、一日中降り続くことはまれ

f:id:zabon-inu:20200929190208j:image

気温は、だいたい30度前後に。


f:id:zabon-inu:20200929185319j:image

f:id:zabon-inu:20200929185322j:image

昼間は暑いけど、散歩できなくはない時季。

 

まだこれからだけど、

10月には少しずつ秋の気配になるだろう。

朝晩はひんやりして過ごしやすい日も出てくる。

例年なら、10月末のハノイ日本祭りが終わると、本格的に秋になる。

(日本祭りの写真は2018年のもの。今年はやらないかな?)

f:id:zabon-inu:20200929191159j:image

 

平均気温からは見えない、ハノイのえげつない気温差

ハノイに滞在する場合、旅行のガイドブックやWebサイトなどで、平均気温を調べると思う。

そこから見えてくる数値だと、暑いとき平均最高気温33度寒いとき平均最低気温13度くらい。

それほどは、暑くも寒くもないように見えるだろう。

 

けれど、ハノイで実際に暮らしていて感じるのは、気温差がとにかく激しいこと。


f:id:zabon-inu:20200929233051p:image

f:id:zabon-inu:20200929233039p:image

 

寒い時期は、日毎の最低気温と最高気温の寒暖差が大きい。

12月とか、日によって、半袖で過ごせたり、ガッツリ冬服が必要だったりする。

 

雨季の暑い時期は、これまで書いたように、暑いときは38度前後の日が長く続いて、合間に30度前後の日が数日入ったりする。

f:id:zabon-inu:20200930003200j:image

その結果、平均をとると、最高気温33度に。

 

年間を通して、週単位や、2〜3日単位で気温が乱高下することもめずらしくない。

 

雨季と乾季の変わり目はとくに激しいかな。

2020年の4月下旬には、こんな週があった。

f:id:zabon-inu:20200930082713j:image

同じ週で、最高気温32度からの、最低気温16度は、体感としてかなりキツかった(泣)。

 

また、天気アプリを見ていると、年間を通して、日本よりも、ハノイの方が気温と体感温度の差が激しく体感温度の方がまさしく「体感」に近い。

 

世界にはもっと気温差の激しい地域もあると思うけど、ハノイ数字の見た目よりは気温差が激しいよってこと。


f:id:zabon-inu:20200929234626j:image

f:id:zabon-inu:20200929234619j:image

f:id:zabon-inu:20200929234623j:image

 

ハノイを訪れる際はぜひ、

  • 直前の天気予報で気温と「体感温度」をチェック!
  • 6月〜9月なら真夏の服装でいけるけど、他の時期は体温調節しやすい重ね着で。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ