ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイ大教会周辺を楽しむ〜鳥かごランプとチャーチャインとコム

9月のある日、めずらしくもらった平日の休みに、ひとり、ベトナムハノイの旧市街へ。

朝からフォーを食べ、旧市街からホアンキエム湖と散歩し、大教会の方へ向かった。

 

ホアンキエム湖から大教会へ向かいます

今日の日記は、緑の矢印のルート。

先月から書き続けてきた、旧市街散歩も今回分で終わり。

f:id:zabon-inu:20201014091028j:image

ホアンキエム湖から、ハンチョン通り(Hang Trong)で寄り道し、ニャートー通り(Nha Tho)を通って大教会へ。

 

ホアンキエム湖からハンチョン通り(Hang Trong)へ

ホアンキエム湖にお別れして、バオカイン通り(Bao Khanh)の方へ。

f:id:zabon-inu:20201014092124j:image

カフェや小規模のホテルが軒を連ねている。

f:id:zabon-inu:20201014092131j:image

道行く、陶器の行商。

f:id:zabon-inu:20201014092127j:image

重くて曲がるのも一苦労だね。

 

ハンチョン通り(Hang Trong)を少し歩けば、
f:id:zabon-inu:20201014092120j:image

ニャートー通り(Nha Tho)との交差点。
f:id:zabon-inu:20201014092140j:image

右に曲がれば大教会だけど、このまままっすぐ。

 

お目当ては、奥の方に見えている、2軒並んだランプ屋さん。

f:id:zabon-inu:20201014093251j:image

 

鳥かごへの憧れで、鳥かごランプを買う

ハンチョン通りのランプ屋では、様々な、竹や木や布などのランプを扱っている。

f:id:zabon-inu:20201014094253j:image

小さな色とりどりのランプ。

f:id:zabon-inu:20201014094354j:image

間接照明やランプシェードも。

f:id:zabon-inu:20201014094346j:image

電球付きは、ベトナムの電圧(220V)対応なので、日本(100V)でそのままでは使えないけど。

 

この日のお目当ては、鳥かごランプ

ハノイの街では、軒下に鳥かごをぶら下げて、小鳥を飼っている光景をよく見る。

f:id:zabon-inu:20201014093533j:image

よく見ると、鳥かご自体も繊細な細工のものがあり、小鳥の可愛さと相まってたまらない。

f:id:zabon-inu:20201014093905j:image
f:id:zabon-inu:20201014093909j:image

f:id:zabon-inu:20201014094119j:image

小鳥は簡単に飼うわけにいかないけど、鳥かごランプならすぐ買える!

 

ビーズがきれいな、大きい鳥かごランプを280kドン(約1,400円)で購入。

f:id:zabon-inu:20201014095353j:image

値札はない。交渉すれば、もう少し安くなるのかもね。

私は、チキンハートが削れるので、ねぎらないスタイル。

 

持ち帰って、明かりをつけたら、こんな感じ。

f:id:zabon-inu:20201014095103j:image

どの色にしようか迷ったけど、赤系のマルチカラーは、万華鏡みたいで好き。

 

小さいの持ってたんだけど、物理的に電球交換できない作りだった(^^;)。

f:id:zabon-inu:20201014095656j:image

大きいのは大丈夫。ベトナムに暮らす間、楽しもう。

 

ニャートー通り(Nha Tho)から大教会へ

ニャートー通りは、そのまんまの意味の「教会」通り。

観光客を意識した、カフェ、服飾店、お土産屋が軒を連ねている。

f:id:zabon-inu:20201014175613j:image

でも、ふと路地に目をやれば、こんな細道の奥にお寺が見えたり。

f:id:zabon-inu:20201014175610j:image

このときは中秋節前だったので、特設月餅屋台があったり。

f:id:zabon-inu:20201014175949j:image

 

リネンの服とカバー類の、Mayは残念ながら開いてなかった。

f:id:zabon-inu:20201014175558j:image

一時休業なのか、閉店してしまったのか、未確認。

 

日系のお土産屋さんのnaguは、この日は開いていた。

f:id:zabon-inu:20201014175606j:image

どちらも素敵なお店なんだけど、海外からの観光客が戻らないと厳しいんだろうな。

 

さて、正面には大教会が見えてきた。

f:id:zabon-inu:20201014175601j:image

 

ハノイ大教会を見ながら、チャーチャイン

聖ヨセフ大聖堂。通称というかベトナム語の直訳は「ハノイ大教会」。ベトナム語表記は、Nhà Thờ Lớn(ニャー・トー・ロン)

f:id:zabon-inu:20201015183003j:image

フランス植民地時代、1886年に建てられた、ハノイ最古の教会で、カトリックの現役の宗教施設。

このときは、ちょうど、大教会から楽隊と赤い服の人々が出てきた。

 

この周辺には、おしゃれなカフェや雑貨屋が集まっているけど、大教会を眺めつつ、ハノイ感を堪能するなら、こちら。

f:id:zabon-inu:20201015183704j:image

路上で低いプラ椅子に座って、チャーチャイン。

f:id:zabon-inu:20201015183707j:image

Trà Chanh(チャーチャイン)は、ベトナム式の蜂蜜レモンティー。お茶は紅茶じゃなくて、ジャスミン緑茶。

f:id:zabon-inu:20201015183711j:image

歩き回って、汗をかいた身体に沁み渡るおいしさ。

 

路上で、地面に近い目線で眺めるハノイは、やっぱりいい。

f:id:zabon-inu:20201015183715j:image

のどからからで、あっという間に一杯飲み干し、おかわり!

f:id:zabon-inu:20201015192015j:image

ハノイの街で、道でお茶してると、おやつは向こうからやってくる

 

写真は近隣の違う場所で撮ったものだけど...

もりもりのお米のポン菓子各種。

f:id:zabon-inu:20201015192251j:image

秋の味覚、柿。その場でむいて切ってくれる。

f:id:zabon-inu:20201015192256j:image

こちらも秋の味覚。青い稲藁が目印のコム。

f:id:zabon-inu:20201015192247j:image

 

ベトナムの秋の味覚、コムを食べる

お茶を飲みつつ、ぼーっとしていると、天秤棒の行商のおばさんが、コムを持ってやってきた。

f:id:zabon-inu:20201015190024j:image

一度食べてみたかったので、勇気を出して買ってみよう!

 

20kドン(約100円)分、量ってもらった。

f:id:zabon-inu:20201015190020j:image

蓮の葉に乗せるのが、スタイル。

f:id:zabon-inu:20201015190012j:image

けっこう多い。半分くらいでもよかったかな。

f:id:zabon-inu:20201015190009j:image

Cốm(コム)は、未成熟な緑のもち米を、炒って、臼でついたもの。

f:id:zabon-inu:20201015190002j:image

ホアンキエム湖前でアイスにもなっていたコレね。

f:id:zabon-inu:20201015191522j:image

 

バナナに付けて食べるらしいけど、おばさんはコムしか持ってなさそうだったので、コムだけいきます。

f:id:zabon-inu:20201015185957j:image

周りはさらさらした感じで、きな粉っぽい味。

噛みしめると、少しもちっとしていて、香ばしくてほの甘い。素朴なお味。

f:id:zabon-inu:20201015190016j:image

うん、バナナあった方がおいしいんだろうな。

 

激ウマではないけど、何年も気になっていた、ハノイの秋の味覚を食べて、満足した。

f:id:zabon-inu:20201015192945j:image

近いけど、会社と家の往復で暮らしていると、なかなか足を運ばない、旧市街。

この日のわずか3時間は、日記を4回分書くくらい楽しかったので、また機会をみて、遊びに行きたい。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ