ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイギフトショー2020に行ってみた(10/15〜10/18)

今年のイベントはもう終わってるけど、ハノイギフトショー2020(Hanoi Gift Show 2020)に初めて行ってきた。

ハノイギフトショーは、毎年10月中旬に開催される、ベトナムのハンドメイドの工芸品の展示即売会

今日の日記の写真は、ほぼ小学生男児の撮影。

私の買い物中のひまつぶしにと、我が子にスマホを託したら、100枚以上撮りまくってた(^^;)。

せっかくなので、日記にまとめてみる。

 

ハノイギフトショー(1 Do Duc Duc)へ

ハノイギフトショーの主なターゲットは、海外からのバイヤー。

けれど、例年、最終日には一般客に少量でも売ってくれるそう。

f:id:zabon-inu:20201024110430j:image

卸値で、ベトナム伝統工芸品のアクセサリー、バッグ、インテリアなどが買えるとあって、在住日本人の女性陣に大人気のイベント。

今年2020年はコロナ禍で、海外からバイヤーが来られないのもあってか、初日から一般客にも売ってくれたそう。

 

2020年の会期は10/15(木)〜10/18(日)だった。

会場は、JWマリオットの近くの展示貿易センター(National Architectural Planning & Construction Exhibition)。

入場料は無料。

写真がないけど、テント外の受付で、名前、電話番号、メールアドレスなどを書いて、パスをもらうだけ。

 

いろいろ編み編み、カゴ系グッズ

まずは、在住日本人女性に大人気のカゴ系。

 

様々な素材と技法のバッグ達。

f:id:zabon-inu:20201024111228j:image
f:id:zabon-inu:20201024111231j:image
f:id:zabon-inu:20201024111220j:image
f:id:zabon-inu:20201024111236j:image

 

カゴはバッグだけじゃなくてインテリアも。

f:id:zabon-inu:20201024111642j:image

ベトナムの手仕事は細かいね。
f:id:zabon-inu:20201024111223j:image

脱いだ洗濯物を入れるのに、大きいカゴを買おうかと思ってたんだけど、会期終盤だからか、あまり残ってなかった。

 

ジュート素材のお店も。

f:id:zabon-inu:20201024113335j:image
f:id:zabon-inu:20201024113332j:image

子どもがテントに熱視線だった。
f:id:zabon-inu:20201024113338j:image

 

お皿は何枚あってもいいよね?

食器は、ハノイ近郊のバッチャン焼きはもちろん、アマイ似の器も。

実用的なものから、特別なときに使いたいものまで、バラエティ豊かだった。

 

青灰色の地に、かわいらしい手描きの花。

f:id:zabon-inu:20201024113211j:image

アオザイ女性の絵が個性的な湯呑み、一個45kドン(約225円)。
f:id:zabon-inu:20201024113228j:image

黒と落ち着いたオレンジの茶器、一個20kドン(約100円)。

f:id:zabon-inu:20201024113231j:image

すごく薄くて軽くて...これで日本酒飲みたい。
ちょっと、トルコのチャイグラスみたい。

 

か、かわいい!

f:id:zabon-inu:20201024113214j:image

でも何を盛り付けよう。

意外とお刺身とか合う?
f:id:zabon-inu:20201024113224j:image
f:id:zabon-inu:20201024113204j:image

 

色とりどりのバンブーの食器も大人気。
f:id:zabon-inu:20201024113221j:image

丼は一個50kドン(約250円)。
f:id:zabon-inu:20201024113217j:image

内側もニスが塗られていて、耐水。

このトレイ、軽くて使いやすそうだった。

f:id:zabon-inu:20201024113208j:image

このトレイは買えばよかった...。

 

トレイは、別のお店でこんな素敵なものも。

f:id:zabon-inu:20201024114912j:image

 

お皿は結局こちらを購入。

バッチャン焼きのLC Homeの長皿とカップ

f:id:zabon-inu:20201024124421j:image

値札から2割引で、長皿は一枚128kドン(約640円)、カップは一個56kドン(約280円)だったかな。
f:id:zabon-inu:20201024124140j:image

夫の「また買ったの?」という声は聞こえなかったことにする。

 

漆と貝の細工ものに見惚れる

漆と貝の細工は、壺、壁掛けの鏡、トレイ、箱といろいろあって、トレイや箱が人気だった。

けれど、我が家の男児の琴線に触れたのは

f:id:zabon-inu:20201024114626j:image
f:id:zabon-inu:20201024114635j:image

こんなオブジェも。
f:id:zabon-inu:20201024114629j:image

あの壺の奥に見えてる、大きな壁掛けの鏡
f:id:zabon-inu:20201024114623j:image

貝がキラキラして綺麗で、すごく欲しくなったけど、日本に帰ったときに置くとこあるかわかんない(^^;)。

値段を聞いたら、買ってしまう気がして、やめといた。

 

こういうの、どうやって作ってるんだろう。

f:id:zabon-inu:20201024171556j:image


f:id:zabon-inu:20201024171620j:image

f:id:zabon-inu:20201024171617j:image

自宅にうまく飾れる気はしないんだけど、立体的な模様があって、角度によって光沢が変わって...子どもが心惹かれたのもわかる。

 

アクセサリーはバッファローホーンが人気

ベトナム土産の定番、バッファローホーン(ベトナム水牛の角)のアクセサリー。

f:id:zabon-inu:20201024120720j:image

このお店はピアスが50kドン(約250円)と激安で、思わず何個もゲット。

f:id:zabon-inu:20201024120924j:image

プラスチック並みに軽い、天然素材。

f:id:zabon-inu:20201024130722j:image

革紐のペンダントは、一個150kドン(約750円)だったかな?

f:id:zabon-inu:20201024120713j:image

地のままのマーブルっぽい模様を活かしたものも、つやつやに塗られたものも、どちらも綺麗。

f:id:zabon-inu:20201024120716j:image

 

他のお店だけど、バングルも色とりどり。

f:id:zabon-inu:20201024121118j:image

繊細な加工と、雑多な陳列(笑)。

 

バッファローホーン以外は、木?竹?×漆塗りのバングルもあった。
f:id:zabon-inu:20201024121113j:image

 

博物館気分で伝統工芸品を見学

自宅用にはハードルが高いものもあるけれど、芸術的な工芸品もたくさんあった。

我が子の琴線に触れまくりで、大量に撮影していたので、並べてみる。

 

微細な絵付けの陶器。

f:id:zabon-inu:20201024122514j:image
f:id:zabon-inu:20201024122441j:image

石の彫り物。
f:id:zabon-inu:20201024122447j:image

貝で描かれた鳥。

f:id:zabon-inu:20201025173938j:image

螺鈿細工の水牛。
f:id:zabon-inu:20201024122437j:image
前衛的すぎる漆絵アート。
f:id:zabon-inu:20201024122521j:image
f:id:zabon-inu:20201024122503j:image

神仏の像もいろいろ。

見ざる、言わざる、聞かざる。
f:id:zabon-inu:20201024122507j:image

涅槃像。
f:id:zabon-inu:20201024122510j:image

この辺はお土産にも人気の、布製品。

f:id:zabon-inu:20201024163618j:image

f:id:zabon-inu:20201024163621j:image
f:id:zabon-inu:20201024163615j:image

布製の人形やキーホルダー。

f:id:zabon-inu:20201024171935j:image
f:id:zabon-inu:20201024171939j:image

クリスマス柄な水牛と少年も。
f:id:zabon-inu:20201024171942j:image

木製の彫り物は、大小様々。

f:id:zabon-inu:20201024123313j:image

これ、なあに?お箸?
f:id:zabon-inu:20201024122444j:image

木製の船。
f:id:zabon-inu:20201024122451j:image

甲板には小船も。芸が細かい。
f:id:zabon-inu:20201024122517j:image

伝統の技×現代な、木製フレームの自転車。

f:id:zabon-inu:20201024123208j:image

f:id:zabon-inu:20201024171843j:image

ユーモラスな人形達。

f:id:zabon-inu:20201024123841j:image

人形と水牛のコラボも。
f:id:zabon-inu:20201024123831j:image

漆と卵の殻で鮮やかに彩色された、木製の花も。
f:id:zabon-inu:20201024123827j:image

 

おわりに

ハノイギフトショーは、入場無料で、買い物はもちろん、見るだけでも、ベトナムの伝統工芸品を楽しめる。
f:id:zabon-inu:20201024123834j:image

例年、10月中旬に開催で、最終日には、一般客にも売ってくれるお店、多数とのこと。f:id:zabon-inu:20201024123837j:image

もしチャンスがあれば、ハノイ旅行の時期を、このイベントに合わせてみては?

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ