ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイ名物ブンチャーのススメ@いつもの店(Bun Cha Mai Anh)

ベトナム料理といえば、フォーが有名だけど、ハノイに来たら、ぜひブンチャーも試してほしい。

ブンチャー(Bun Cha)は、ハノイ名物のつけ麺で、がっつり炭火焼き豚肉、さっぱりつけ汁、もりもりレタス&香草が楽しめる。

私がよく行くブンチャーのお店は、スアンジウのMai Anh(マイアイン)。

今日は、いつものお店の話をまとめ直すとともに、ブンチャーをお勧めしてみる。

 

シレナ近くのブンチャー、Mai Anh(47 Xuan Dieu)へ

いつものお店は、外国人が多く住む、スアンジウ通り(Xuan Dieu)にある。

f:id:zabon-inu:20201102224902j:image

スアンジウ通りは道幅が狭いので、タクシーで行くなら、51 Xuan Dieuのシレナ・ショッピングセンター(Syrena)で降りた方がいい。

シレナから、スアンジウ通りを南へ歩いてすぐ。

買い物ついでのお昼に便利。


f:id:zabon-inu:20201102225143j:image

f:id:zabon-inu:20201102225147j:image

ケバブ屋さん、コムビンザン(おかずとご飯の食堂)に続いて、Mai Anh(マイアイン)。

f:id:zabon-inu:20201102225601j:image

店頭からは、いつも香ばしいお肉の匂いが漂よう。

 

ブンチャーは、炭火焼き豚つくねのつけ麺

ブンチャーの主役は、炭火焼きの豚つくね。

作るところを簡単にご紹介。

 

味付けした豚ひき肉を丸めて、焼き網に挟む。

f:id:zabon-inu:20201102230121j:image

炭火でじゅうじゅう焼き上げる。

f:id:zabon-inu:20201102230339j:image
f:id:zabon-inu:20201102230335j:image

もう、これだけでも食べたい。
f:id:zabon-inu:20201102230342j:image

こんがり焼けたお肉と、青パパイヤの薄切りを丼へ入れていく。

f:id:zabon-inu:20201102230606j:image

そこへ、熱々のスープを注げば、つけ汁完成!
f:id:zabon-inu:20201102230603j:image

ブンは一人前ずつお皿へ。香草とともに提供される。
f:id:zabon-inu:20201102230611j:image

ブンチャー屋にはつきものの、ネムザン(揚げ春巻き)ももちろんある。

店内の簡易コンロで揚げられてる。

f:id:zabon-inu:20201102232953j:image

注文すると、ハサミでざくざく切って出してくれる。

f:id:zabon-inu:20201103011023j:image

 

さくっと注文、速攻出てくる

このお店の場合は、注文は、店頭でブンチャーの数を伝えるだけ。

f:id:zabon-inu:20201102231704j:image

指で数を示せば大丈夫だけど、口頭なら、

1モッ、2ハイ、3バー、4ボン、5ナム、6サウ...。

 

おばさんに「マンベー?(持ち帰り?)」と聞かれるかも。

お店で食べるなら、奥を指差せばOK。

テイクアウトしたいなら、「マンベー。」と返そう。

 

好きな席へ。

座った瞬間、まずはブン(素麺みたいな米粉麺)が出てくる。

f:id:zabon-inu:20201102232516j:image

ここで、店員さんに「ネム」とか「スプリングロール?」と聞かれることも。

揚げ春巻きを食べたければ、数を伝える。いらなければ、Noで。

f:id:zabon-inu:20201102232804j:image

北部ハノイでは、生春巻きじゃなくて、揚げ春巻きが主流。

 

飲み物が欲しければ、店員さんに口頭で、数と種類を伝える。

1モッ、2ハイ、3バー、4ボン、5ナム、6サウ...を頭に付けて、

  • ビール→ビア
  • コーラ→コカまたはペプシ(ブランドで指定)
  • 冷たいお茶→チャダー

 

今日は、

ハイ チャダー(冷たいお茶、2つ)!
f:id:zabon-inu:20201102232520j:image

 

ほどなく、生野菜とつけ汁もやってくる。

f:id:zabon-inu:20201102234145j:image
f:id:zabon-inu:20201102234148j:image

 

さっぱりなのに、ガッツリうまし!

お箸を紙ナプキンでふきふきしてから、

f:id:zabon-inu:20201102234336j:image

いただきまーす!

f:id:zabon-inu:20201102234447j:image

つけ汁に、生野菜をたっぷりちぎって、ブンをつけて、うまー!
f:id:zabon-inu:20201102234451j:image

つけ汁は、ヌクマムベースで、あまじょっぱくて、柔らかい酸味。

 

ブンチャーの生野菜(香草)の内訳、レタス以外はこんな感じ。

f:id:zabon-inu:20201102235003j:image

パクチー、ノコギリコリアンダー、紫蘇、ミント。

香草苦手でも、紫蘇とミントはぜひ入れてみてほしい。

 

炭火焼きの豚つくねが、たまりませんなあ。

f:id:zabon-inu:20201102235426j:image

甘辛い味付けに、あらめのミンチで、食感も楽しい。

 

つけ汁には青パパイヤの薄切りもたくさん。

f:id:zabon-inu:20201102235937j:image

一緒に食べれば、消化にもよし。

 

ブンチャーは、辛くないし、香草も自分で入れられるから、子供でも食べやすい!

f:id:zabon-inu:20201103003210j:image

辛味がほしければ、ニンニク&唐辛子のみじん切りを入れよう。

 

ふう、おいしかった。ごちそうさま。

店員さんに、「ティンティエン。(会計で。)」。

 

店内にはメニューも値札もないけど、ブンチャーは45kドン(約225円)チャダーは10kドン(約50円)だったかな。

ブンチャーとしては少し高めだけど、この立地でこのお値段なら充分だと思う。

 

ブンチャーは、お肉たっぷりで、

早い・安い・うまい!

f:id:zabon-inu:20201103003332j:image

大きなきれいなレストランで食べるのもいいけれど...

こういう街の普通のお店で、じゃんじゃん作ってるのを眺めつつ、食べてみてほしい。

f:id:zabon-inu:20201103005642j:image

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ