ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナム民族学博物館で54の民族の文化に触れる

ベトナムには、54の民族が暮らしている。

全体の8割強を占めるのは、キン族(Viet族)。

多数派のキン族以外に、独自の信仰や言語を持つ、53の少数民族がいる。

北部のハノイから行きやすいエリアだと、北の山岳部・サパにいくつかの少数民族が暮らしている。

ハノイ市内で少数民族の文化に触れられて、幼稚園以上の子連れにもお勧めの、ベトナム民族学博物館について書いてみる。

 

ベトナム民族学博物館(Vietnam Museum of Ethnology)へ

ベトナム民族学博物館は、観光の中心地ホアンキエム湖からは車で20〜40分。タクシーで500円弱。

ベトナム語の名称は、「Bảo tàng Dân tộc học Việt Nam」。

f:id:zabon-inu:20210112193215j:image

月曜休館。(テト休暇中も休館。)

営業時間は8:30〜17:30。

 

チケットは入り口前の窓口で、購入できる。

f:id:zabon-inu:20210112190546j:image

入館料は、大人40kドン約200円)、料金一覧にないけど子供10kドン約50円)。

6歳未満は無料。

f:id:zabon-inu:20210112190557j:image

ごっついカメラ持参の場合は、50kドン(約250円)。

館内ガイドは、ベトナム語、英語、フランス語で、日本語はなし。

 

チケット購入時に、Where are you from?と聞かれる。

f:id:zabon-inu:20210112190551j:image

民族学博物館なだけに、来場者の出身地の統計をとってるのかな?

 

展示エリアは、大きく3つに分かれている。

f:id:zabon-inu:20210112193332j:image

1. ベトナムの民族の展示。入ってすぐの正面の建物。

f:id:zabon-inu:20210112193329j:image

2. 東南アジアの民族の展示。入って右手の新館。

f:id:zabon-inu:20210112193336j:image

3. ベトナムの民族の家屋。敷地内奥の屋外展示。

f:id:zabon-inu:20210115174203j:image

 

お土産屋とレストランも有り。

わずか200円で見学できるのに、気合の入った博物館。

今日は1と3を中心にまわります。

 

ベトナム民族の展示は臨場感たっぷり

まずは、メインのベトナムの民族の館内展示へ。

f:id:zabon-inu:20210112193329j:image

入口付近の受付に日本語パンフレット有り。

それ以外は、館内の説明は、ベトナム語、英語、フランス語で、日本語はなし。

 

入って1階左手に進めば、ベトナムの54の民族一覧。

f:id:zabon-inu:20210112194427j:image

f:id:zabon-inu:20210112194431j:image

中は博物館らしく、ガラスケースの向こうに、いろんな展示物。

f:id:zabon-inu:20210118141657j:image

f:id:zabon-inu:20210118143737j:image

それぞれ、どの民族の何のためのものなのか、説明があるけど、英語がスラスラ読めずに挫折(^^;)。

f:id:zabon-inu:20210118141722j:image

説明が読めなくても、繊細な伝統工芸品は見るだけでも楽しい。

f:id:zabon-inu:20210118141708j:image

f:id:zabon-inu:20210118141701j:image

いろんな民族の家屋のミニチュアがあったり。

f:id:zabon-inu:20210118141652j:image

人形で、民族の儀式や生活の様子を再現している展示も多数。

f:id:zabon-inu:20210118141648j:image

f:id:zabon-inu:20210118141705j:image

ノンラーはこうやって作るんだね。

f:id:zabon-inu:20210118141717j:image

魚を獲るカゴ、積みすぎ!

f:id:zabon-inu:20210118141713j:image

ベトナムのもりもりバイク運搬の源流がここに(笑)。

家屋は、実際に中に入れるものも。

f:id:zabon-inu:20210126210921j:image
f:id:zabon-inu:20210118143935j:image

家屋の前の「Ritual Tree」に飾られていたのは、カエル?

f:id:zabon-inu:20210118143925j:image

こちらは何の儀式だろう。

f:id:zabon-inu:20210118143921j:image

衣装も言葉も信仰もちがう、54の民族が住む国、ベトナム

f:id:zabon-inu:20210118144410j:image

いつか、少数民族が多く住む、サパにも行ってみたいな。

f:id:zabon-inu:20210118144925j:image

 

実際に中に入れる、ベトナムの民族の家屋

ベトナム民族学博物館の展示は、屋外にも。

f:id:zabon-inu:20210118145336j:image
f:id:zabon-inu:20210118145404j:image

民族の家屋に実際に入って見ることができる。子供にも好評。

 

中に入るときは、靴を脱ぐ必要有り。

f:id:zabon-inu:20210118145627j:image
f:id:zabon-inu:20210118145624j:image

 

屋外には、8つの民族の建築物がある。

Tay族のかなり高めの高床式住居

f:id:zabon-inu:20210118145351j:image

家の下の空間には、唐箕に石臼?

作業場にしてるんだね。

f:id:zabon-inu:20210118145344j:image

 

Giarai族のお墓

f:id:zabon-inu:20210118145408j:image

周りの木像は、人の一生を表現してるのかな?

f:id:zabon-inu:20210118145348j:image

「考える人」inベトナム

 

ひときわ目立つ、Bana族の共同住宅

f:id:zabon-inu:20210118150520j:image

家のサイズに対して、奥行きは狭めで、屋根がものすごく高い。


f:id:zabon-inu:20210118150558j:image

f:id:zabon-inu:20210118150554j:image

木製の階段は、上りもドキドキだけど、下りが相当怖い(^^;)。

f:id:zabon-inu:20210118145340j:image

 

Ede族の長い家

こちらの方が入りやすいかな?

f:id:zabon-inu:20210118145331j:image

幅6m、奥行き42.5mもある。

f:id:zabon-inu:20210118145359j:image

床がギシギシいうので、ちょっとドキドキ。

f:id:zabon-inu:20210118145417j:image

梁の彫刻。どんなストーリーがあるんだろう。

f:id:zabon-inu:20210118145421j:image

どの建築物も材質は木や竹。

高床式が多いのは、雨の多い気候だからだろうね。

 

本来はこの屋外で、水上人形劇もやってるんだけど、海外からの観光客が来れるようになるまでは、休業かな。

f:id:zabon-inu:20210118151737j:image

 

その他の施設

この日は見学しなかったけど、新館では、東南アジアの民族の展示もある。

f:id:zabon-inu:20210118151959j:image

中を少しだけ。

f:id:zabon-inu:20210118151913j:image

こちらの方が明るく、広々。

f:id:zabon-inu:20210118151916j:image

トイレも新館の方がきれい。

 

飲食できるレストランは、屋外展示の手前に一箇所。

f:id:zabon-inu:20210118152254j:image

以前はもっとローカルな雰囲気だったけど、なんかおしゃれになってる!

f:id:zabon-inu:20210118152257j:image

メニューは未確認。フォーやチャーハンくらいはありそうかな?

 

お土産屋は入口すぐに2店舗。

f:id:zabon-inu:20210118152250j:image

少数民族の工芸品や、ベトナムらしい絵のコースターなどが買える。

f:id:zabon-inu:20210118152242j:image

お手頃なものから、水上人形劇のミニチュアまで。

f:id:zabon-inu:20210118152246j:image

少数民族の布や刺繍を使った、ぬいぐるみやバッグもある。

f:id:zabon-inu:20210118152728j:image

ハノイベトナムの多数の民族の文化に触れられる、ベトナム民族学博物館。

機会があれば、お試しあれ。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ