ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイの街角で出会った鳥と犬

疲れた。

テト休み中の一日三食×家族分の自炊祭りが終わったと思ったら、収まらないコロナ禍からの、我が子の学校の休校延長(オンライン授業)...。

現実逃避に、ベトナムハノイの街角で出会った生き物の写真を貼っていく。

 

歌と姿を愛でられる小鳥

ハノイの街角では、外に鳥籠を吊るして、小鳥を飼っている光景をよく見かける。

専門店もあちこちに。

f:id:zabon-inu:20210219145233j:image

よく見る種類の小鳥は、黒い冠のような羽根がかわいい。

f:id:zabon-inu:20210219145323j:image

いくつも鳥籠を吊るしている光景も多数。

f:id:zabon-inu:20210219145241j:image

籠も大小様々。

f:id:zabon-inu:20210219145244j:image

籠はこまめにお掃除されてる。

掃除中は小鳥達は仮のシンプルな籠へ。

f:id:zabon-inu:20210219145237j:image

寒い日は、上の布で籠全体を覆う。

 

タクシーから見かけた、鳥籠屋。

人の背丈より高い籠では、どんな鳥を飼うんだろう。

f:id:zabon-inu:20210219145744j:image

こちらは鳥籠よりも、小鳥メイン。

f:id:zabon-inu:20210219145823j:image

小鳥屋は、インコや鳩も売ってるんだね。

 

住宅街で見かけた、電線に吊るされた鳥籠。

f:id:zabon-inu:20210219145229j:image

緑の小鳥が、きれいな声で歌っていた。

f:id:zabon-inu:20210219145249j:image

ハノイではありふれた、素敵な光景。

 

野良?地域犬?どローカルなわんこ

ハノイでは、犬は、トイプードルやチワワなどの小型犬も人気だけど...

f:id:zabon-inu:20210219145519j:image

街角に多いのは、ごっついわんこ達。

f:id:zabon-inu:20210220110641j:image

青空ジムをいつもぶらぶらしている、黒犬。

f:id:zabon-inu:20210219145531j:image

ちょっと前まで、こんな感じだったのに...

f:id:zabon-inu:20210220132420j:image

子犬以上・成犬未満へと、すくすく成長。

f:id:zabon-inu:20210219145528j:image

中身はまだまだ子供。広場の先輩達のところへ。

f:id:zabon-inu:20210219145552j:image

わふわふじゃれて、遊んでもらっていた。

f:id:zabon-inu:20210219145524j:image

でっかくて怖いので、だいぶ遠くからズームで撮ってます(^^;)。

みんな気立てはよさそうだけど、万が一にも噛まれたくない...。

 

成犬になると強そうだけど、子犬の頃は、超かわいいんだよね。

f:id:zabon-inu:20210219145540j:image

f:id:zabon-inu:20210220134529j:image

天下泰平な寝姿に癒される。

f:id:zabon-inu:20210219145545j:image

 

こちらは、だいぶ前にハノイ動物園にて。

塀の向こうの裏庭?から、「キャンキャン!」。

隙間からのぞき込んでみたら、もっふもふの子犬達。

f:id:zabon-inu:20210219145556j:image

「なんだ、なんだ!ニンゲンだ!」

f:id:zabon-inu:20210220123732j:image

「ニンゲン!なんの用だ!」

f:id:zabon-inu:20210219145535j:image

ボクも、ニンゲン見るー!

f:id:zabon-inu:20210220130058j:image

ハートをわしづかみにされたけれど...

f:id:zabon-inu:20210220133818j:image

子沢山のお母様からお叱りの声をいただく前に、退散。

今頃は彼らも、りりしく成長しているだろう。

 

鶏はいつもそこにいる

ハノイの街角で放し飼いにされがちな、鶏。

f:id:zabon-inu:20210220130927j:image

街路樹や鉢植えのわずかな土の部分は、憩いの場。

f:id:zabon-inu:20210220130922j:image

植木と植木の奥にも。

f:id:zabon-inu:20210221230636j:image

広場の大きな木の根元にも。

f:id:zabon-inu:20210220124058j:image

下町の鶏の散歩コースは、カフェや食堂。

f:id:zabon-inu:20210220125340j:image

放し飼いでも、そんなに遠くには行かず、いつも決まったあたりをうろうろしている。

 

器量良しのめん鶏さん。

f:id:zabon-inu:20210220124125j:image

1月頭には、雛たちを連れて歩いてた。

f:id:zabon-inu:20210220124048j:image

ひよこは、もう白い羽根になっていたけれど、警戒心が強くて、あまり近づけなかった。

f:id:zabon-inu:20210220124054j:image

1月下旬には、うずらくらいのサイズに。

f:id:zabon-inu:20210220124112j:image

そして、2月中旬の今は、鳩くらいのサイズに。

f:id:zabon-inu:20210220124108j:image

地面からベンチの背に飛び乗れるまで、成長。

f:id:zabon-inu:20210220124133j:image

こんな感じでも、まだ鳴き声は「ピヨピヨ」。

いつから、「コッコッコッ」になるんだろう。

 

ちょっとレアな鳥達

動物の話を書こうと思っていたのに、撮り貯めた写真を振り返ったら、鳥ばっかりだった。無自覚だったけど、鳥が好きなようだ。

ここからは、ちょっと変わった鳥で。

 

こちらは先日も書いたけど、

テト直前に見かけた、二羽の...

f:id:zabon-inu:20210220125931j:image

ドンタオ鶏

f:id:zabon-inu:20210220125927j:image

たくましい身体に、恐竜みたいな脚。

 

こちらもテト休暇中に遭遇。

いつもの鶏に混じって、民家の前に...

でっかいヒル(Vit ビッ)?

f:id:zabon-inu:20210220130209j:image

ヒルより、ふた回り大きい。

くちばしの周りには赤いぼこぼこ、頭のてっぺんには黒い羽根。

f:id:zabon-inu:20210220130214j:image

バリケン(Ngan ガン)?

でも、バリケン(フランス鴨)の画像を検索すると、もっと赤いぼこぼこの範囲が広くて、違う気もする...。

f:id:zabon-inu:20210220130206j:image

見かけたのは一日だけ。

...テトの食卓を飾ったかもね。

 

こちらはレストランの前で、カゴにぎゅうぎゅうの鳥。

f:id:zabon-inu:20210220130458j:image

...

えっと、この鳥、なんて鳥???

f:id:zabon-inu:20210220130455j:image

さっき思い立って検索したら、たぶん、「ホロホロ鳥」だった。

 

そして、ダオタン通り(Dao Tan)の路上でも出会いが。

ふと、目線の高さに...

f:id:zabon-inu:20210220130344j:image

って、しっぽ長っ!!!

f:id:zabon-inu:20210220130347j:image

鶏はこの台につながれてた。

地面にひきずらないと、尾羽こんなに伸びるの?!

鶏の美しさを競うコンテストとか、あるんだろうか。

 

ハノイの街をぶらぶらしていると、すぐそこに動物がいてびっくりする。

f:id:zabon-inu:20210221130326j:image

なんだか鶏が愛おしい今日この頃。

この雛達の「ピヨピヨ」と「コッコッコッ」の境目がいつ来るか、気になって仕方ない。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ