ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

休日の朝食にベトナム料理を(ブンモックと食材見学)

さて、子どもの学校は春休み。

これまで撮るだけ撮って、未整理の写真で、飯テロ強化週間!(なんとなく)

少し前だけど、ブンモックを食べてきたので、書いてみる。

 

ブンモック(Bún mọc)は肉団子入りの麺...としか知らずに挑戦

ベトナム料理の日記をちょこちょこ書いてるけど、実際に積極的に食べ始めたのは、ごく最近。

小心者なので、Webや本からの知識をもとに、どんな料理か予想がつくものから、トライしている。

 

肉団子が好きだけど、専門店では食べたことのなかった、ブンモック

いざ、出陣!

 

...メニューが看板しかないパターン。 

f:id:zabon-inu:20210319112525j:image

Mọc(モック)は肉団子、Thịt(ティッ)は肉。Sườn(スオン)はなあに?

どれがどれ?

f:id:zabon-inu:20210319112517j:image

豚肉の部位のベトナム語の写真を取り出してみるも…Sườnが2か所あるし(^^;)。

f:id:zabon-inu:20210319112549j:plain

ロッテの精肉コーナーでぱしゃり。

右上がたぶんThịt(ティッ)=肉だろう。他は軟骨や骨が入ってそう。

f:id:zabon-inu:20210319122452j:image

よくわかんないから、初志貫徹で行こう(^^;)。

コオーイ、チョトーイ モッ ブンモック!

(おばさん、すみません、ブンモック一つ!)

 

とりあえず、空いてる席へ。

f:id:zabon-inu:20210319112503j:image

路上のプラ椅子に座って、待つことしばし...

 

ブンモック、こうきたか!

ブンモック、以前にベトナム料理のチェーン店で食べたのは、こんなのだったんだけど...

f:id:zabon-inu:20210319181820j:image

思ってたのと全然チガウのキター!

f:id:zabon-inu:20210319112509j:image

でも、おいしそうなので、無問題。

なんかスープがうっすら黄色い。

f:id:zabon-inu:20210319112532j:image

ターメリック(ウコン)だ!

やや薬感。豚の出汁、トマトの旨味と合わさって、複雑なおいしさ。

安定のブン。米粉の生の丸麺。

f:id:zabon-inu:20210319112514j:image

つるつるでうまし。

今更気づいたけど、ブンチャーや鍋のお供のブンより、汁麺のブンの方が太目だな。

お好みで卓上調味料を。

f:id:zabon-inu:20210319112522j:image

青い金柑をちょこっと絞ろう。

f:id:zabon-inu:20210319112506j:image

柑橘が入ると、味がしまるね。

肉団子は、スープで煮込まれて、周りが黄色い。

がぶっとかじれば、肉汁がじゅわっ。

f:id:zabon-inu:20210319112545j:image

あらびきの豚肉と黒キクラゲの食感良し!

そして、ワケギはほどよくしゃきしゃき。

f:id:zabon-inu:20210319112541j:image

あらかじめ、スープでさっと煮てあるから、辛くない。

f:id:zabon-inu:20210319112528j:image

同じく、さっと煮られていた、はす芋の茎。

f:id:zabon-inu:20210319122050j:image

シャクシャク、じゅわ~でおいしい。

f:id:zabon-inu:20210319122540j:image

お値段、35kドン約175円)。

ごちそうさま。

 

ブンモックに、いろんな種類があることを学んだ。

食材の名前が少しわかっても、実際の料理を食べてみないと、わかんないものだな。

 

ブンモックの食材をスーパーで探してみた

家で再現する気は一切ないけど、興味本位で(^^;)。

スーパーで、ブンモックの一部の食材を探索。

 

麺の中で、肉団子よりも存在感たっぷりだった、こちら。

f:id:zabon-inu:20210319112535j:image

はす芋の茎

f:id:zabon-inu:20210319121831j:image

そういえば、富分のスアンジウ店でも見かけたな。

ベトナム語では、Dọc mùng(ゾックムン)って言うのか。

f:id:zabon-inu:20210319165722j:image

断面を見ると、スポンジ状。

f:id:zabon-inu:20210319121834j:image

煮ると、シャクシャク、じゅわ〜。

はす芋の茎自体には、あまり風味はなかった。

食感を楽しむ野菜だね。

 

そして、スープと肉団子に、黄色い色と独特の風味を加えていた、ターメリック(ウコン)。

f:id:zabon-inu:20210319122407j:image

ベトナムでは、よく見かける。

たいてい、しょうがの隣にある、アレ。

f:id:zabon-inu:20210319122015j:image

ベトナム語では、ターメリックはNghệ(ゲー)。

しょうがはGừng(グン)。

...って、言葉がわかっても、どれよ?(^^;)。


f:id:zabon-inu:20210319181058j:image

f:id:zabon-inu:20210319181106j:image

f:id:zabon-inu:20210319181102j:image

一番??? 真ん中は何?

しょうがと間違えて、ターメリック買ったことある...。

切り口が大きければ、断面の色でわかるかな。

f:id:zabon-inu:20210319122009j:image

ターメリックは、ターメリックオレンジ色黄色してる。

(...と言っても、ベトナムのしょうがの中身は、かなり濃い黄色なんで、実物を知らないと間違えるかも。)

 

当たり前だけど、フツーのスーパーに、日本で見かけない食材いっぱいあるな。

食べた料理の素材を、またスーパーで見学してみようと思う。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ