ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

休日の朝食にベトナム料理を(ソイセオ、ソイゴー)

ここ数ヶ月のマイブームは、休日に近所で、ローカルな朝ごはんを試してみること。

最近、ソイにはまって、しつこくリピしている。

Xôi(ソイ)は、ベトナムハノイの朝ごはんの定番で、おこわ

今日は、安くて手軽でがっつりなソイについて、書いてみる。

 

まずは、ソイセオからベトナムおこわに入門

おこわに初挑戦したのは、まだ肌寒い日のあった、3月。

勇気を出して、市場の露店へ。

f:id:zabon-inu:20210425233536j:image

メニューがないどころか、ブツが見えない(笑)。

f:id:zabon-inu:20210425233525j:image

お布団的なゴザをぺろんとめくれば、中にはほかほかのおこわ。

ひとつのカゴに2種類ずつ入ってた。


f:id:zabon-inu:20210425233934j:image

f:id:zabon-inu:20210425233916j:image

左がお目当てのXôi xéo(ソイセオ)。右の赤いのは、甘いXôi gấc(ソイガック)。

おこわのカゴの横には、トッピング各種。

f:id:zabon-inu:20210425234126j:image

揚げエシャロット、ヌクマム、ごま油、ごまピーナッツ、肉でんぶ、緑豆ペースト。

お皿はこちらのバナナの葉(と古紙)。

f:id:zabon-inu:20210425234105j:image

その場でプラ椅子に座って食べることもできるけど...

ソイセオひとつ、マンベー(持ち帰り)で!

f:id:zabon-inu:20210426002359j:image

家に帰って、包み紙を開いて...

f:id:zabon-inu:20210425234136j:image

ほかほかのソイセオ、いただきまーす!

f:id:zabon-inu:20210425234117j:image

おこわは、ターメリックで色付けされた、薄い黄色。

f:id:zabon-inu:20210426001638j:image

上には揚げエシャロットと、甘じょっぱい肉でんぶ

f:id:zabon-inu:20210426001647j:image

そして、ほんのり塩味の緑豆ペースト。

f:id:zabon-inu:20210426001641j:image

全部一緒にもぐもぐ。

f:id:zabon-inu:20210425234331j:image

素朴なお味だけど、甘じょっぱさと、香ばしさと、油っ気もあって、うまーい

お値段、ひとつ10kドン約50円)で、しっかりお腹にたまった。

 

とうもろこしのソイゴーも、うまし!

朝ごはんのおこわに味をしめ、後日、別の露店にトライ。

おこわ屋の目印は、丸くて平たい大きなカゴ

f:id:zabon-inu:20210425234637j:image

このお店も、基本のトッピングは同じ。

f:id:zabon-inu:20210425234626j:image

横に、きゅうりの漬け物もあった。

f:id:zabon-inu:20210425234620j:image

ソイセオを注文したら、「ヘッ(売り切れ)。」と言われ、Xôi ngô(ソイゴー)に。

f:id:zabon-inu:20210425234834j:image

トッピングはソイセオと同じだったけど、おこわが白い

f:id:zabon-inu:20210425234830j:image

そして、中には白いとうもろこし

f:id:zabon-inu:20210425234821j:image

甘くなくて、もっちもちでうまー!

こちらのお店も、おこわ単品は、ひとつ10kドン約50円)だった。

 

おこわに具を追加で、広がる幸せ

すっかりおこわにはまって、しつこくリピ。

おこわのカゴの横に、保温ジャー発見!

f:id:zabon-inu:20210429183713j:image

赤いお鍋を指差して、おばさんに中を見せてもらうと、お肉がごろごろ。

f:id:zabon-inu:20210425234633j:image

指差しで、トッピング追加してもらった。

肉乗せのソイセオ完成!

f:id:zabon-inu:20210426001814j:image

これは、豚すり身ハムだな。

f:id:zabon-inu:20210425235128j:image

ベトナム醤油で甘辛く煮えてて、うま〜。

うずらの卵も良き色!

f:id:zabon-inu:20210425235131j:image

お味は言わずもがなですよ。

 

また別の日、今度は豚バラ肉をトッピング。

f:id:zabon-inu:20210426000120j:image
皮付きの豚バラ肉は、味染み染みになってて、たまらん!

f:id:zabon-inu:20210429183800j:image

お肉をトッピングしても、15kドン約75円)。

コスパもすごい!

 

おわりに

未体験だけど、露店のおこわは他にも、ガックフルーツで赤くしたXôi gấc(ソイガック)や、ピーナッツ入りXôi lạc(ソイラック)がある。

何度かおこわを食べてみて、私はソイセオ&豚バラが気に入った。

 

でも、露店でお目当てのおこわを食べるには、早起きが必要かも(^^;)。

朝型なハノイでも、おこわ屋の露店は特に早い。

休日に、何度か同じ露店で買ったけど、9時で売り切れ&撤収

f:id:zabon-inu:20210429183804j:image

8時過ぎだと、豚すり身ハムがわずかに残る程度。

豚バラ肉にありつけたのは、7時台だった。

 

「早朝以外にソイを食べたい。」

「露店ではなく、レストランでソイを食べたい。」

...そんな場合には、ホアンキエム湖近くの有名店のXôi Yến(ソイイェン)がおすすめ。

終日営業で、ボリューム満天&種類も豊富。

 

ベトナムのおいしいおこわを、機会があれば、お試しあれ。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ