ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナムの白いザクロと赤いザクロと、自家製グレナデンシロップ

ベトナムハノイでは、8月から10月に多く出回る、ザクロ

ベトナムのザクロは、もあるけど、もある。

スーパーではそんなに見かけず、これまで買ったことがなかった。

今年は市場で試しに買ってみたら、おいしくてはまってしまった。

 

ベトナムのザクロは白と赤

ザクロ(柘榴、石榴)は、フトモモ目ミソハギ科ザクロ属ザクロ。

ザクロは、ベトナム語Lựuルー)またはThạch lựuタックルー)と言う。

漢字にすると、Lựuは「榴」、Thạch lựuは「石榴」。

 

ベトナムのザクロは赤もあるけど、白の方が一般的。

f:id:zabon-inu:20211002154147j:image

赤い方も、日本で出回っているアメリカ産やイラン産のものほどは、赤くない。

 

日本の国産ザクロは熟すと実が割れるけれど、ベトナムのザクロ熟しても実が割れない品種。

f:id:zabon-inu:20211002150042j:image

外観からは、どれくらい熟しているのかよくわからない。

f:id:zabon-inu:20211002150045j:image

皮は白っぽいものもあれば、赤っぽいものもある。

f:id:zabon-inu:20211002150140j:image

お値段は... 私は値切ってないので、適正価格かわからないけど…

一番安く買ったのは、2つで45kドン(約225円)。

f:id:zabon-inu:20211002152216j:image

高いなと思ったのは、3つで105kドン(約525円)。

f:id:zabon-inu:20211002152047j:plain

ベトナムで果物を買う時は、基本的に重量・量り売り。

この特大ザクロは、1kgあたり55kドン約275円)と言われて、3つ-2kg弱で100kドン(約500円)だった。

f:id:zabon-inu:20211002152119j:plain

同じお店で白と赤と両方置いてる場合は、赤の方が高値だった。

 

赤いザクロと白いザクロを食べ比べ

今年初めて買ったザクロは、こちら。

f:id:zabon-inu:20211002150311j:image

皮が赤く、中身も赤かった。

f:id:zabon-inu:20211002150316j:image

お味は、ほとんど酸味がなくて甘味が強くておいしい!

 

すっかりザクロにはまって、黄色い皮のザクロも買ってみた。

f:id:zabon-inu:20211002150307j:image

こちらは、予想通り、中身は白。

f:id:zabon-inu:20211002150314j:image

白いザクロも、酸味はほとんどなくて、甘くておいしい。

大きな味の違いは感じないけど、赤い方より甘いかな。

 

ベトナムのザクロはそこまで真っ赤じゃなくて、赤いザクロも根本は白っぽい。


f:id:zabon-inu:20211002150645j:image

f:id:zabon-inu:20211002150641j:image

白いザクロは、真っ白ではなくうっすらピンク。

どちらも、ほどよい甘味ほのかな酸味で、すごーく後引くお味


f:id:zabon-inu:20211002150727j:image

f:id:zabon-inu:20211002150725j:image

シャクシャクの食感に、じゅわ~っと果汁たっぷり。

贅沢言えば、種がなければ、完璧。

 

熟しても割れないので、赤いザクロと白いザクロを、外観で見分けるのは難しい。

この皮が赤いザクロの中身は…

f:id:zabon-inu:20211002150916j:image

白の方だった。

f:id:zabon-inu:20211002150923j:image
お店の人は、どちらかわかって売っているんだろうか。

どっちもおいしいんだけどさ。

 

ベトナムのザクロでグレナデンシロップ作り

ザクロの種を気にすることなく、おいしさを堪能したい!

自家製グレナデンシロップにチャレンジ。

詳しい作り方は↓こちら。

www.oishikerya.com

 

はりきって3つ買ってきたら、白い方のザクロだった…。

f:id:zabon-inu:20211002152050j:image

味的にはいいんだけど、シロップの色がどうなるかなあ。

白にしては赤いし(?)、いっちゃおう。

f:id:zabon-inu:20211002151134j:image

う~ん、搾りたては、くすんだピンク…。

f:id:zabon-inu:20211002151355j:image

白いザクロのグレナデンシロップは、うっすら紫になった。

f:id:zabon-inu:20211002151352j:image

簡単カクテルにしてみたら...

味は、激うま!!!

f:id:zabon-inu:20211002151153j:image

... 色があまりにも薄いけど(^^;)。

 

けっこうめんどくさい作業だったけど、労働の対価がおいしすぎる。

速攻でリピを決意。

 

赤だといいなと思いつつ、でっかいザクロを3つ買ってきた。

やったー! 今度は赤い方だった!

f:id:zabon-inu:20211002151140j:image

やや薄い赤だけど、これならもう少しきれいな色が出るんじゃない?

ザクロの実をすべて外して、水洗い。

f:id:zabon-inu:20211002151158j:image

ジップロックに入れて、実をつぶしながら果汁を搾る。

f:id:zabon-inu:20211002151150j:image
搾ってすぐの果汁の色を見比べると、前回の白いザクロよりは、だいぶ赤いよね?


f:id:zabon-inu:20211002151744j:image

f:id:zabon-inu:20211002151741j:image

搾った果汁を冷蔵庫で一晩置くと...

あくが底に沈んで、ザクロ果汁は薄いワインのような赤紫になった。

f:id:zabon-inu:20211002151137j:image

アメリカ産やイラン産のザクロのように、真っ赤とはいかないね。

 

あくが入らないように、上澄みの果汁を鍋へ移す。

f:id:zabon-inu:20211002151146j:image

約500円分の2kg弱のザクロの実から、約500gの果汁が取れた。

 

鍋に砂糖を加えて、あくを取りながら煮る。

推奨は、果汁:砂糖で1:1.35らしいけど、すぐに飲み切るつもりで砂糖控えめにした。

ベトナムのザクロ果汁、砂糖なしでもかなり甘いし。

 

瓶に入れて、冷蔵庫で保存。

f:id:zabon-inu:20211002151155j:image

ゼリーやお菓子に使ってもいいけど... 我が家は呑む

 

グレナデンシロップをジンジャーエールで割ると、ノンアルコールカクテルのシャーリー・テンプル

だけど、近所にジンジャーエールが売ってなかった。

 

ベトナムで安く買えるもので、カクテルにしよう。

自家製グレナデンシロップに、ソーダチャインベトナムのライム)とウォッカも加えて、いただきまーす!

f:id:zabon-inu:20211002215144j:image

ああ、ザクロの後引きまくりのおいしさに、チャインの爽やかな酸味が相まって、たまらない。

これ、口当たり良すぎてキケンなお酒だな。

子どももウォッカ抜きの、ザクロソーダをゴクゴク飲んでた。

 

そのまま食べても、甘くておいしいベトナムのザクロ。

機会があれば、お試しあれ。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ