ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイでアルゼンチンステーキ(Los Fuegos)

ベトナムハノイには、西洋料理のレストランも数多くある。

ハノイの中でも、欧米人が多く住んでいるのがタイホー区

タイホー区の路地の奥にある、アルゼンチンステーキの「Los Fuegos(ロスフエゴス)」へ行ってきた。

 

Los Fuegos(35A Ngo 12 Dang Thai Mai)へ

今夜は、でっかいお肉こんがり焼いた、おいしいステーキが食べたい!

f:id:zabon-inu:20211103120359j:plain

そうだ!ランチで一度だけ行った、Los Fuegosへ行こう!

 

Los Fuegos(ロスフエゴス)は、ハノイで欧米人向けのお店が集まる、タイホー区の路地にある。

リーズナブルにおいしいステーキが食べられると、評判のお店。

f:id:zabon-inu:20211103115302j:plain

看板の写真がぶれちゃった…。

ハノイ旧市街からは、約6km、車で約20分。

地元民用の説明だと、スアンジウ通りから、女神像のレジデンス(D’le Roi Soleil)の角を入って、「あれ?ここ分かれ道?」ってとこの右の路地

 

欧米人向けのレストランの並ぶ路地の一番奥に、Los Fuegos

入口からは想像できない、広々としたレストラン。

f:id:zabon-inu:20211103115304j:image

ステーキは、屋外の炭火焼きのグリル台でこんがり焼かれる。

f:id:zabon-inu:20211103115259j:image

レストランの席の半数以上は、屋根付きのテラス席。

f:id:zabon-inu:20211103115307j:image

グリル台や緑の庭を眺めながらのご飯もいいけど、この日は、少し冷えたので、一番奥の屋内の席を予約していた。

 

Los Fuegosの主なメニュー

Los Fuegosのドリンクメニューの一部と食事メニューはこちら。

  • お金について:kは千=000で、100kなら10万ドン=約500円。ベトナムドンから日本円へ大まかに換算するには、0kを無視して5倍で。

ビアは、ドラフトのクラフトビール60kドン約300円)から。

f:id:zabon-inu:20211103115609j:image

前菜は、タコのグリル、和牛のカルパッチョ、エンパナダス(ミートパイ)など。

サラダやサイドも各種。ステーキを注文する場合は、ついてくる。

f:id:zabon-inu:20211103115601j:image

ステーキ中心に楽しむことも、ハンバーガーや前菜をつまむこともできる。

ソフトドリンクは種類は多くないけど、コーラが30kドン(約150円)、ライムジュースが40kドン(約200円)と良心的。

f:id:zabon-inu:20211103115604j:image

ワインの種類が多く、グラスだけで13種類もあるのがうれしい!

f:id:zabon-inu:20211103115607j:image

後でワインに切り替えようっと。

 

今夜は心行くまで肉祭り!

今日は贅沢にステーキ中心に行くぞ~。

一応、数か月お預けだった、誕生日の外食ディナーなので。

 

注文して待つことしばし。まずはパン登場。

f:id:zabon-inu:20211103115736j:image

Kong Craftのピルスナーで、かんぱーい!

f:id:zabon-inu:20211103115738j:image

間もなく、メイン達も続々と運ばれてきた。

ステーキとセットのルッコラのサラダ

f:id:zabon-inu:20211103115741j:image

ドライのチェリートマト、松の実、粉チーズで、シンプルにうまし。

選べる付け合わせは、マッシュルームソテーにした。

f:id:zabon-inu:20211103115743j:image
「Mashroom」って、椎茸か! 

 

そして、お肉二種は、どーんとボードでキター!

f:id:zabon-inu:20211103121121j:image

ソースは、ハーブっぽいのと、オニオンっぽいの。ちょい甘い。


f:id:zabon-inu:20211103120526j:image

f:id:zabon-inu:20211103120523j:image

 

まずは、憧れのT-BONEのWagyu、600gじゃ!(約1万円!)

f:id:zabon-inu:20211103115903j:image

外はこんがり、中はミディアムの良き色。

f:id:zabon-inu:20211103115912j:image

まずは、塩コショウで、うまー!

f:id:zabon-inu:20211103115906j:image

Wagyu感は正直そこまでだったけど。うまうま。

 

もう一つお肉は、Smoked Dack Breast、300gで。(約2千円)

f:id:zabon-inu:20211103115909j:image

ほんのりピンクの鴨胸肉は、しっとりうま~。

f:id:zabon-inu:20211103115901j:image

少し甘めでスモーキー。

 

2杯目からは赤ワインにチェンジ。

f:id:zabon-inu:20211103181713j:image

グラスから選んだけど、南アフリカの「Rib Shack」がフルーティーでうま~。

ボトルで入れればよかった。

 

親子3人で、ペロッと食べてしまい、追加オーダーへ。

サイドは、フレンチフライ

f:id:zabon-inu:20211103120048j:image

じっくり揚げてあるのか、お芋の甘味が出ていて、たまらない。

 

そして、店員さんお勧めのTenderloin、200g!(約4千円!)。

f:id:zabon-inu:20211103120045j:image

「テンダーロイン」ってどこの部位?

日本で言うと、フィレのステーキでした。

f:id:zabon-inu:20211103120040j:image

こちらは、ミディアムレアで。

しっとり柔らかな赤身で、お肉の旨味をしみじみ。

 

〆の甘味もお酒で。

一見コーラな、ロングアイランドアイスティー

f:id:zabon-inu:20211103120043j:image

これ、けっこう強いのね。

いや~、食べた、飲んだ。

 

おわりに

Los Fuegos(ロスフエゴス)では、少人数でも、大人数でシェアでも、おいしいアルゼンチンステーキを食べられる。

f:id:zabon-inu:20211103115858j:plain

ディナーのステーキは、200gくらいから1kgまで。お値段290kドン(約1450円)から。

f:id:zabon-inu:20211103181809j:image

Los Fuegos - Argentinian Steak and Grill

 

ステーキだけでなく、エンパナダスなどのスナックや、ハンバーガーなど、お手頃メニューもいろいろ。

f:id:zabon-inu:20211103115749j:plain

おしゃれだけど堅苦しくない、ハノイのアルゼンチンステーキ店。

機会があれば、お試しあれ。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ