ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

ハノイ的いい天気とは(冬の場合)

先日、職場で、T君(ベトナム人。英語話者)に、きれいな発音の日本語で声をかけられた。

「お元気ですか?」

 

思わぬ相手からの日本語に驚きつつ、

『はい。家族みんな元気です。』と返答。

彼はどれくらい日本語が話せるんだろうか?

教本ではなんて返すのがテンプレなんだ?

などといった思いが、私の頭をかけめぐるなか、彼は更にこう言った。

 

「いい天気ですね。(ニコッ)」

ハノイの冬の空

こんな空模様

 

 

...

...

ど、同意いたしかねる!

いや、でも、

 どんよりじゃん。暗いじゃん。これはいい天気とは言い難いよー。

 教本には定番のあいさつとして、載ってたんだろうけど、実際と合ってないよー。

って、伝わらない気しかしない

 

と、猛スピードで検討したあと、

『ハイ、ソウデスネ。(ぎこちない笑み)』と返して、会話を締めくくった。

彼は英語が話せるが、最近?日本語を勉強しているらしい。

こうやって積極的に実践していくガッツがあるから、外国語を習得できるんだろうな。

 

このときは、テンプレ通りのあいさつなのかと思ったんだけど…

ふと、彼はフツーに「いい天気だ」と感じていたのかもと思えてきた。

 

東南アジアと言えば、抜けるような青空にギラギラの太陽!

ってイメージしていたけど、ハノイに住んでみると、薄曇りの日が多い。冬から春にかけての4ヶ月くらいは特に。(ハノイは一応、ぼんやりした四季がある。一年の半分以上は夏だけど。)

ハノイの空

ハノイの空

よくある空模様

件の会話があった日は、

暑くもなく寒くもなく、

ハノイの冬

寒いとき-15度以下でハノイ的には寒い

大気汚染もひどくなくクリアで、

ハノイの大気汚染

大気汚染がひどいとき-スモッグで霞む街

それに雨も降っていなかった。

 

ということは、

ハノイの冬としては、けっこういい天気?!

 

なお、この考察を彼に確かめられる英語力は、私にはない。