ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナム人の名前(姓名と構成、読み方と漢字など)

【2021/5月 改稿、2020/3/9 初出】

日本に住むベトナム人も多い、昨今。

周りのベトナム人の名前の読み方や、どう呼べばいいのか、知りたい人も多いだろう。

ベトナム人の姓は、国民の4割がNguyễn(グエン)阮さん。

あっちもこっちもグエンさんなので、ベトナムで人を呼ぶときは、姓ではなく、名前(姓名の一番最後の語)で呼ぶ。

 

ベトナム人(キン族)の姓名の構成

ベトナム人(キン族)の名前は、三語または四語で構成される場合が多い。

そして、ベトナム人の名前は、日本人と同じように、姓が先で名が後

ただし、姓と名の間に、テンデムミドルネームが入る。

構成と並び順は、姓・(テンデム)・(ミドルネーム)・ファーストネーム

f:id:zabon-inu:20200320182645p:plain

例えば、Nguyễn Thị Hương Liênさんなら、一番最後のLiên(リエン)がファーストネーム

ベトナム人の名前を呼ぶときは、この最後の語で呼ぶ。

一番最初のNguyễn(グエン)が

二語目のThị(ティ)は女性のテンデム。(男性のテンデムはVăn(ヴァン))

ファーストネームの前の語のHương(フオン)はミドルネームの扱いになる。

 

テンデムやミドルネームは、両方ある人もいれば、一方のみある人もいる。

テンデムは、○○太郎、○○子的なものらしく、最近は付けない場合も多いとか。

付いていると、外国人的には、男女がわかりやすくて助かるんだけど(^^;)

 

以下、姓、テンデム、名前について、よくあるものと読み方や漢字を、個別に書いていく。

 

【先頭】ベトナム人の名字(姓)の読み方と漢字

ベトナム人に多い名字は、以下の14個。

なかでも、Nguyễn約4割TrầnPhạm約1割ずつ

これだけで、全体の約7割!

  1. Nguyễn(グエン)阮
  2. Trần(チャン)陳
  3. Lê(レー)黎
  4. Phạm(ファム)范
  5. Hoàng/Huỳnh(ホアン/フイン)黄
  6. Phan(ファン)潘
  7. Vũ/Võ(ヴー/ヴォー)武
  8. Đặng(ダン)鄧
  9. Bùi(ブイ)裴
  10. Đỗ(ドー)杜
  11. Hồ(ホー)胡
  12. Ngô(ゴー)呉
  13. Dương(ズオン)楊
  14. Lý(リー)李

ベトナム人の名字は、歴代のベトナムの王朝の名前

王朝が変わったときには反体制と思われないよう、新たな王朝の姓に変える人がいたのではと考えられている。

というわけで、ベトナム最後の王朝の名、Nguyễn(グエン)阮さんが多いとか。

 

ベトナム人は結婚しても姓は変えない、夫婦別姓。一般的には父方の姓を受け継ぐ。

父方の姓の後に、母方の姓を入れることがあるけれど、その場合2つ目の姓はミドルネーム扱いになる。

 

【真ん中】ベトナム人の テンデム(Tên đệm)の読み方と漢字

名字の次に付けるテンデムはこちら。

  • 男性:Văn(ヴァン)文
  • 女性:Thị(ティ)氏

姓のあと(名前の2語目など)に、Vănがあれば男性Thịがあれば女性

ベトナム人の名前は、外国人から見て男女がわかりにくいけど、テンデムがあればすぐにわかる。

けれど、テンデムは最近は付けない場合も多い

 

【末尾】ベトナム人の名前の読み方と漢字(男性、女性)

ベトナムでは今は漢字は使われていないけれど、ベトナム語は漢字由来の漢越語が約7割

名前にも漢越語が多く使われている。

 

名前(ミドルネーム、ファーストネーム)の漢字を調べてみると、男女のイメージは対照的。

そして、日本人が男女の名前に込める願いと大きくは変わらない。

 

男性には強さや大きさを願う名前が多く、自然なら「」や「」。

女性には賢さや美しさを願う名前が多く、自然なら「」や「」。

男性、女性の両方に使われる名前も多い。

以下、ベトナム人の具体的な名前の一部と、それぞれの読み方と漢字を挙げてみる。

 

男性に多い名前

ベトナム人男性に多い名前の読み方と漢字
  • An(アン)安
  • Bình(ビン)平
  • Công(コン)公
  • Cương(クオン)剛
  • Cường(クオン)強
  • Dũng(ズン/ユン)勇
  • Đức(ドゥック)徳
  • Hải(ハイ)海
  • Hiếu(ヒェウ)孝
  • Hoàng(ホアン)黄/皇
  • Hùng(フン)雄
  • Khang(カン)康
  • Long(ロン)龍
  • Minh(ミン)明
  • Nam(ナム)南
  • Nhật(ニャッ)日
  • Phong(フォン)風/豊
  • Phúc(フック)福
  • Quang(クアン)光
  • Sơn(ソン)山
  • Thắng(タン)勝
  • Thành(タイン/タン)成
  • Thế(テー)世
  • Tiến(ティエン)進
  • Trí(チー)知/智
  • Trung(チュン)忠
  • Tú(トゥー)秀
  • Tuân(トゥアン)俊
  • Tưởng(トゥオン)奨

 ※併記したものは、北部の読み方/南部の読み方。

 

女性に多い名前

ベトナム人女性に多い名前の読み方と漢字
  • Duyên(ジュエン/ユエン)縁
  • Giang(ザン)江
  • Hà(ハー)河
  • Hạ(ハー)夏
  • Hằng(ハン)姮
  • Hạnh(ハイン/ハン)幸
  • Hiền(ヒエン)賢
  • Họa(ホア)花/華
  • Huệ(フエ)恵
  • Hương(フオン)香
  • Huyền(フエン)玄
  • Lan(ラン)蘭
  • Liên(リエン)蓮
  • Linh(リン)鈴
  • Lý(リー)理
  • Mai(マイ)梅
  • Mỹ(ミー)美
  • Nga(ガー)娥
  • Ngân(ガン)銀
  • Nguyệt(グゥエット)月
  • Nhi(ニー)児
  • Phượng(フオン) 鳳
  • Thảo(タオ)草
  • Thoa(トア)釵
  • Thu(トゥー)秋
  • Thúy(トゥイ)翠
  • Thùy(トゥイ)垂
  • Thủy(トゥイ)水
  • Xuân(スアン)春

 ※併記したものは、北部の読み方/南部の読み方。

  

男性、女性どちらもある名前

ベトナム人に多い名前の読み方と漢字
  • Anh(アイン/アン)英
  • Dương(ズオン/ユオン)陽
  • Khánh(カイン/カン)慶
  • Kim(キム)金
  • Ngọc(ゴック)玉
  • Nhã(ニャー)雅
  • Phương(フオン)方/芳
  • Thanh(タイン/タン)青/清

 ※併記したものは、北部の読み方/南部の読み方。
 

男女はあくまで目安だけど、ミドルネーム+ファーストネームの両方の漢字を調べると、わかりやすいかも。

例えば、同じファーストネームLinh(リン)さんでも、Nhật Linh「日鈴」なら男性、Mỹ Linh「美鈴」なら女性だろう。

 

応用編:同じ名前の人が何人もいるときは? 

冒頭に書いたとおり、国民の4割は姓がグエンさん。

ベトナムでは、姓ではなく、名前(一番最後の語)で人を呼ぶ。

 

ところが、年代や地域による流行りがあるのか、同じグループ内で名前がかぶる...。

 

 

うちの職場では、同じファーストネームの人が4組いる。

本の学校で例えるなら、佐藤さん2人、鈴木さん2人、田中さん2人、加藤さん2人が同じ一つのクラスにいる感じ。(比率的にはもっとか...)

f:id:zabon-inu:20200320182626p:plain

しかも、日本なら下の名前で区別するところだが、ここベトナムでは、グエンさんと苗字を付けても、区別できない

かと言って、ミドルネームとファーストネームをセットで呼ぶこともしない
ファーストネームAnhさんは例外)

そんなとき、どうやって呼び分けるのか、周りのベトナム人に聞いてみた。

 

びわけ方その1 

AとかBとか付けます。

 

こんなシーンしか浮かばない。

f:id:zabon-inu:20200320192404p:plain

学校のクラスとかだとよくやるみたいだけど。

それって、クラスが変わったら、去年のBが、今年のAとかになったりするの???

みんなは何とも思わないのかもしれないけど、記号を付けて呼ぶのは、職場では抵抗があるな。

 

他の方法でお願いします...。

 

呼び分け方その2

「友人同士だと、大きい、小さいとか付けたりもしますね。」

A、Bでなければ、身体的な特徴(マイルドに言えば、大きい、小さい、ふくよか、スマートとか)を付けたりして、呼び分けることもあるようだ。

f:id:zabon-inu:20200320182635p:plain
f:id:zabon-inu:20200320182630p:plain
f:id:zabon-inu:20200320182640p:plain

まあ、日本でも、本人に向かってじゃなければ、「メガネの方」とか、言ってたりするけどさ(^^;)。

職場では、よほど気安い仲じゃないとビミョーだよね…。

うーん、もうちょっと気兼ねなく呼べるのないの?

 

呼び分け方その3

Anh(アイン-兄さん)Chi(チ-姉さん)を名前の後に付けます。

 

↓人称代名詞のanh(アイン - 兄さん)、chị(チ - 姉さん)、em(エム - 弟妹くらいの年下)を、名前の後ろに付けて、 呼び分けるとのこと。

f:id:zabon-inu:20200320142424p:plain

例えば、Lan(ラン)さんが3人いたら、グループ内の年上から順に、Lan Chị(ラン チー)、Lan Em(ラン エム)、Lan(ラン)と呼び分け。

これで↓、最大3人(!)までいけるらしい。

f:id:zabon-inu:20200320182620p:plain

じゃあ、それで!

 

年上/年下を重視する、ベトナムっぽいね。

初対面の自己紹介で、生年月日確認して、数か月違いでも、

どっちがAnh/Chiで、どっちがEm

とか決めてるのをよく見る。

(英語で言うIとYouも、相手との年齢差で上の人称代名詞を使い分けるので、お互いの年齢差がわからないと会話が始められない…。)

 

職場では名前かぶりが2人ずつだったので、ひとまず解決。

3人以上かぶってしまった日には、その時に考えよう...。

 

応用編:人称代名詞とAnhさん

ちなみに、普通に「○○さん」と言いたいときは、名前のに人称代名詞を付ける。

 

ファーストネームAnh(アイン)さんは、ミドルネーム+ファーストネームで呼ばれる。

なぜなら、名前が人称代名詞のAnhと同じだから。

 

女性のアインさんに、「Chị Anh」と呼ぶと...
Chị(姉さん)なの? Anh(兄さん)なの?
ってなるからとのこと。

例えば、「Chị Lan Anh」(チ ランアイン - ランアインさん)のように呼ばれる。

(Anhはど定番の名前で、女性に多い気がするが、男性もいる。)

 

ベトナム人の名前は日本人にとって音が難しいけど、漢字の意味などをふまえて、周りの人の名前を覚えたい。