ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

フォークオンとプリン〜ベトナムのローカルグルメを堪能

ベトナム料理というと、フォーと生春巻きが有名だけど、ハノイではフォー生地を使った生春巻き「フォークオン」も人気がある。

久しぶりに食べたくなって、フォークオンのお店が集まる、チュックバック湖まで行ってきた。

 

グーサー通り(Ngu Xa)はフォークオン通り

ハノイでフォークオンを食べるなら、とりあえず、チュックバック湖の島にある、グーサー通り(Ngu Xa)へ。

f:id:zabon-inu:20200812231801j:image

この通りには、フォークオンのお店が集まっている。

f:id:zabon-inu:20200812231353j:image
f:id:zabon-inu:20200812231632j:image

そして、ハノイではめずらしく、客引きがいっぱい。

f:id:zabon-inu:20200812231435j:image

タクシーを降りた瞬間に、近くの店員さんからの猛アプローチ!

 

Pho Cuon Hung Ben(33 Ngu Xa)へ

今日は、こちらのPho Cuon Hung Ben(フォークオン・フンベン)へ。

f:id:zabon-inu:20200812231612j:image

外の席がよかったけど、あいにくの雨のため、店内へ。

ちょっと高めのプラ椅子に木のテーブル。

f:id:zabon-inu:20200812231948j:image

まだ注文してないのに、座ったら、即、たれ支給(笑)。

f:id:zabon-inu:20200812232140j:image

メニューはこちら。一応、英語もある。単価は書かれてない。

f:id:zabon-inu:20200812232039j:image

1のPho Cuonと、5のPho Ran Trungを注文。

 

巻きフォーと揚げフォーを堪能

注文して、1分もしないうちに、

念願のPho Cuon(フォークオン)がキター!

f:id:zabon-inu:20200812232809j:image

フォークオンは、ぷるっぷるのフォー生地の生春巻き。

中身は、味付きの炒めた牛肉と、レタスと、パクチー

さっきのたれに付けて、がぶりっ。

f:id:zabon-inu:20200812233630j:image

はあ〜、これこれ!

たれは、ヌクマムとお酢と砂糖を合わせた、甘酢。

青パパイヤとにんじんのなます入り。

 

もぐもぐ食べていると、

すぐにPho Ran Trung(フォーザンチュン)も登場!

f:id:zabon-inu:20200812234052j:image

餡かけの下は、細く切ったフォー生地に卵を絡めて揚げたもの。

f:id:zabon-inu:20200812234233j:image

餡は、牛肉、小松菜、玉ねぎ、そして、トマト入り。

f:id:zabon-inu:20200812234328j:image

ざくざくの揚げフォーに餡が絡んで、たまらーん!

味付けはヌクマムと塩かな?

この、トマトがまたいい味出してる。

香草苦手な人でも、ガンガンいける味。

 

揚げフォーは、このフォーザンチュンよりも、

メニューの3のPho Chien Phong(フォーチエンフォーン)の方が定番かな。

f:id:zabon-inu:20200812235809j:image

こちらは、四角く切ったフォー生地を、何枚も重ねて揚げている。

中は空洞で、さくっ、ぱふっ、もちっとして、食感が全然違って楽しい。

餡はフォーザンチュンと同じだけど、両方注文している人達もよく見る。

 

ふう、おいしかった。

フォークオンとフォーザンチュンとコーラ2缶で、お会計170kドン(約850円)

 

プリンを求めて、雨上がりの散歩

食べているうちに、雨があがった。

お店の目の前のお寺も、しっとりとしていい雰囲気。

f:id:zabon-inu:20200813000705j:image

もう一つのお目当て、プリン屋まで、10分くらい歩いて行こう。

f:id:zabon-inu:20200813145426j:image

グーサー通りを抜けて、

f:id:zabon-inu:20200813001113j:image

チュックバック湖の小島からの橋を渡る。

f:id:zabon-inu:20200813001149j:image

ここにも、ベトナムによくある、青空ジム。

f:id:zabon-inu:20200813001316j:image

やや蒸し暑いけど、緑濃い街並みを見ながら、てくてく。

f:id:zabon-inu:20200813001600j:image

こんな大きなビルを横切り、

f:id:zabon-inu:20200813001740j:image

ひたすら歩くこと、10分。

プリン屋のある通りが見えてきた。

f:id:zabon-inu:20200813001826j:image

シートや大きな傘を広げて、雨でも路上で商いしてるね。

f:id:zabon-inu:20200813002014j:image

f:id:zabon-inu:20200813002039j:image

さあ、赤い看板が見えたぞ。

f:id:zabon-inu:20200813002215j:image

 

Kem Caramen Duong Hoa(33 Nguyen Khac Nhu店)へ

Kem Caramen Duong Hoa(ケムカラメン・ズォンホア)は、フルオープンの間口で、ちっちゃいお風呂椅子で食べる、どローカルなお店。

f:id:zabon-inu:20200813003246j:image

f:id:zabon-inu:20200813003429j:image

メニューはこちら。

f:id:zabon-inu:20200813003526j:image

  • お金について:kは千=000で、10kなら1万ドン=約50円。kを無視して5倍すると、日本円にざっくり換算できる。

お店で食べるのもオツだけど、今はお腹がはち切れそう。

プリンとココナッツゼリーをマンベー(持ち帰り)で。

 

プリン:Kem Caramen(ケムカラメン)は、1個8kドン(約40円)。

ココナッツゼリー:Thach Dua Xiem(タッズアシエム)は、1個40kドン(約200円)

f:id:zabon-inu:20200813004743j:image

(プリンはベトナム南部ではバインフランと言うらしい。北と南で言葉違いすぎ...)

 

プリンとココナッツゼリーを自宅で満喫

お腹もこなれてきたので、ハノイグルメ・甘いもの部門。

さてさて、まずは、プリンから。

f:id:zabon-inu:20200813005801j:image

ふわっとろっ、うま〜。

練乳を入れて作られたプリンは、優しい甘さ。

f:id:zabon-inu:20200813005948j:image

カラメルも苦すぎず、かと言って甘すぎず、このプリンによく合っている。

 

ココナッツゼリーも、いっちゃおう。

丸ごとのココナッツの実が容器になっている。

f:id:zabon-inu:20200813010203j:image

ゼリーは、無色透明と白で2層になっている。

透明はココナッツウォーター、白はココナッツミルク。

f:id:zabon-inu:20200813010513j:image

ああ、優しく身体に沁み渡る、甘さ

寒天っぽいゼリーだけど、固くない。

すっとすくえて、口に入れれば、そっと崩れていく。

最後に、内側の白い果肉もこそげて。

f:id:zabon-inu:20200813010958j:image

ココナッツを味わい尽くせる逸品。

 

おわりに〜お店の場所

フォークオンのあるグーサー通り(Ngu Xa)はホアンキエム湖から、車で15分ほど。

地図はPho Cuon Hung Benのものだけど、周りのお店も地元の人で賑わっているので、自分のお気に入りを探してみても。

 

プリンのKem Caramen Duong Hoaは、本店は、ドンスアン市場から10分ほどのところにある。

行きやすい方のお店へ。

ドンスアン市場の近く:

 

チュックバック湖の近く(この日記で行ったお店):

 

どれも日本人の口に合いやすいし、手軽に食べられるので、機会があれば、ぜひ試してみてほしい。

f:id:zabon-inu:20200813011457j:image

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ