ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナムの映画館CGVで映画を観る

ベトナムで映画館といえば、Vincomにたいてい入っている、CGV

CGVはベトナムの各地域の都市部で展開していて、ハノイだけでも20館以上

先日、子どもとドラえもんの映画を観るために、ベトナムで初めて映画館へ行ってみた。

 

まずはCGVのWebサイトで事前確認

今回のお目当ては、12/18からベトナムでも上映が始まった、ドラえもんのび太の新恐竜

f:id:zabon-inu:20201220231026j:image

ベトナムの映画館では、ハリウッドもの、韓国映画、ときどき日本のアニメなどが上映される。

ハリウッド映画は英語音声+ベトナム語字幕なので、英語がわからないと厳しい(^^;)。

日本のアニメは、公開はじめのころは、日本語音声+ベトナム語字幕の回も多数。

 

子連れで映画館へ行く場合、ベトナムは、日本よりもR指定の基準が厳しいので、注意。

鬼滅の刃・無限列車編はC13(日本で言う、R13)。

f:id:zabon-inu:20201221000049j:image

これは、わからなくもないとして...

以前にクレヨンしんちゃんの映画を観ようとしたら、C12?とかで、チケットを売ってもらえず(泣)。

映画館と窓口の人次第で、ゆるかったりもするみたいだけど。

 

とりあえず、CGVのWebサイト(英語対応)で、観たい映画を選んで、上映している日時と場所をチェック。

https://www.cgv.vn/


f:id:zabon-inu:20201221002009j:image

f:id:zabon-inu:20201221002013j:image

ベトナム語字幕版(吹き替えなし)は、「Vietmame Sub」の方。

 

行きたい映画館が決まっているなら、映画館ごとの上映スケジュールを確認することもできる。

f:id:zabon-inu:20201221002028j:image

便利な時代だよね〜。外国人にもありがたい限り。

 

料金は、映画館と上映する部屋によって、多少違いあり。

だいたいは、土日でも、大人120kドン約600円)、子供85kドン約425円)と、日本よりだいぶお手頃価格!

 

Web上で座席指定してチケットを買っておく(Booking)こともできる。

けれど、会員登録がめんどくさかったので、現地でチケットを買うことに。

 

いざ、CGVへ!

どこのVincomでも、CGVはだいたい上層階にある気がする。

この日はVincom Nguyen Chi Thanhへ。

f:id:zabon-inu:20201221012101j:image

レンガの壁がいい感じ。

f:id:zabon-inu:20201220232151j:image

さて、チケットを...

えっ?カウンター閉まってる?!

f:id:zabon-inu:20201220232159j:image

しばらく開くのを待ってみたけど、全く開かず。

映画館の人を探して、どこでチケット買えるか聞いたら、フードコーナーで買えた

f:id:zabon-inu:20201221011516j:image

ここまで来て観れないかと思ったよ(^^;)。

f:id:zabon-inu:20201221011535j:image

 

きれいな映画館で快適に観賞

ポップコーンおいしそうだけど、あいにくお腹いっぱい。

f:id:zabon-inu:20201220232147j:image

トイレをすませて、いざ入場。

f:id:zabon-inu:20201221003216j:image

って、ここも人がいなーい!

入場券なくても入れちゃうじゃん(^^;)。

 

入口右手の棚には、自由に使える、ちびっ子用のクッション有り。

f:id:zabon-inu:20201221003221j:image

うちのちびっ子も、これでちょうどいい高さで観れた。

f:id:zabon-inu:20201221003236j:image

中の写真はないけど、けっこう段差ありの座席で、前の人の頭が気にならなくて良かった。

 

肝心のドラえもんは、大人が観ても楽しめた。

子どもは感動して、3回涙ぐんでた(笑)。

f:id:zabon-inu:20201221003232j:image

昔の「のび太の恐竜」のリメイクじゃなくて、全く新しい、のび太と「新恐竜」のお話なんだね。

でも、昔の子供にも胸アツなシーンあり。

 

残念ながら、グッズは飾られているだけで、販売はしていなそう。

f:id:zabon-inu:20201221003227j:image

それでも、ベトナムで、日本の小学生と同じように、ドラえもんの映画を観れて、子どもはとても喜んでいた。

 

また、日本語の映画があれば、観に行こう。

特にアニメの吹き替えなし版は、けっこう上映期間が短かかったりするので、時々、Webなどでチェックしたい。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ