ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ベトナムの干支~2021年は水牛年

新年ということで、干支のお話。

実は、ベトナムにも干支がある。日本といくつか違うけど。

2021年のは、日本では牛だけと、ベトナムでは水牛

ベトナムの干支の動物は?

f:id:zabon-inu:20201229191216j:image

ベトナムの十二支は以下の通り。日本とだいたい同じだけど、一部違う。

  1. 子:ネズミ
  2. 丑:水牛 *日本は牛
  3. 虎:虎
  4. 卯:猫 *日本はウサギ
  5. 辰:龍
  6. 巳:へび
  7. 午:馬
  8. 未:山羊 *日本は羊
  9. 申:猿
  10. 酉:鶏
  11. 戌:犬
  12. 亥:豚 *日本は猪

 

ベトナムにも牛はいるけど、より身近な水牛になったようだ。

f:id:zabon-inu:20201231104640j:image

 

ベトナムは、ネズミにだまされなかったんだね。

諸説あるけど、ウサギより猫のが身近だったからという説有り。

ココロの距離が半端ないウサギ↓(笑)。

f:id:zabon-inu:20201229184147j:image

 

同じくベトナムでは馴染みのない羊は、山羊になったとか。

f:id:zabon-inu:20201229184050j:image

 

逆に、12番目はが一般的で、日本では豚が身近にいなかったので、猪になったという。


f:id:zabon-inu:20201229182106j:image

f:id:zabon-inu:20201229182111j:image

 

水牛年なので、水牛の写真でお祝い

ベトナムの田園地帯では水牛をたくさん見かける。

f:id:zabon-inu:20201229161915j:plain

水牛(Trâu)↑と牛(Bò)↓との違いは、立派な角。

f:id:zabon-inu:20201229164255j:image

ハノイ近郊で見かけるものは、牛は茶色が多く、水牛は灰色が多い。

 

昨年10月中旬に行った、「ハノイギフトショー」では、水牛モチーフの工芸品をたくさん見かけた。

 

かわいいぬいぐるみの、水牛と笛吹き少年。

f:id:zabon-inu:20201229164504j:image

色鮮やかなパッチワークの水牛。

f:id:zabon-inu:20201229165325j:image

あでやかな螺鈿細工の水牛。

f:id:zabon-inu:20201229164512j:image

デフォルメ具合も芸術的。

f:id:zabon-inu:20201229164507j:image

水牛は農耕の重要な担い手。

f:id:zabon-inu:20201229164500j:image

現代でも、現役。

そして、お肉は食用に、角はアクセサリーやカトラリーに加工される。

f:id:zabon-inu:20201229165527j:image

プラスチック並みに軽い。

f:id:zabon-inu:20201229190444j:image

白っぽい層と透明の層で、マーブル模様になっている。

f:id:zabon-inu:20201229165534j:image

牛もよく見かけるんだけど、ベトナム人にとって、水牛は特別なようだ。

f:id:zabon-inu:20201229165920j:image

 

おわりに

実はベトナム人的には、旧正月のテトまでネズミ年(^^;)。

2021年のテト元日は、2/12

もういくつ...だいぶ寝ると水牛年。


ネズミは無難にかわいいものが多かったけれど...

f:id:zabon-inu:20201229171010j:image

水牛はキャラクターの表現に幅がありそう。

f:id:zabon-inu:20201229180556j:image

干支の水牛モチーフも楽しみたい。

f:id:zabon-inu:20201231104758j:image

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ