ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

Grab(ハノイ/バンコク/シェムリアップ)とトゥクトゥク

(3/29改稿:トゥクトゥクの写真を追加しました。)

東南アジアでメジャーな配車アプリ、Grab(グラブ)。

ハノイは電車がないので、私は普段の移動はタクシー一択だ。

以前は流しのタクシーを拾っていたが、最近は自分で呼べるのもあって、Grabもよく使っている。

東南アジアの他の街でもGrabを使ってみたところ、使い方は同じだけど、車のラインナップやサービスが違っていておもしろかった。

ハノイ-ベトナム

f:id:zabon-inu:20200303163633p:plain
f:id:zabon-inu:20200303163622j:plain

4座席の車、タクシー、バイク、7座席の車などが呼べる。

JustGrabだと、4座席の車かタクシーが来る。

車でもタクシーでも、Grab上で乗車前に決められた料金を、降車時に払えばOK。

料金表示はVND(ベトナムドン)。

 

バンコク-タイ

f:id:zabon-inu:20200303163618j:plain
f:id:zabon-inu:20200303163629j:plain
f:id:zabon-inu:20200303163644j:plain

ハノイよりも呼べる車の種類が細かい。

予約もできるようだ。(ちゃんと来てくれるのかは試してない。)

タクシーの場合は、Grabの表示料金は目安で、降車時に、配車料金+メーター料金を支払う。

JustGrabでバンコク市街からサファリワールドへの車を手配したら、きれいなセダン車が来て、快適だった。

料金表示はTHB(タイバーツ)。

 

シェムリアップ-カンボジア

f:id:zabon-inu:20200303163626j:plain
f:id:zabon-inu:20200303163638j:plain

主力は、なんとトゥクトゥク。アイコンがかわいすぎる!

TukTukは三輪の座席付きバイクといった感じで、大人2人と小さい子供1人でいっぱい。

Remorque(リモーク)は、馬車みたいな車をバイクに引かせるもので、大人4人くらい乗れる。

f:id:zabon-inu:20200325125010j:plain
f:id:zabon-inu:20200325124400j:plain
TukTuk(左)とRemorue(右)

f:id:zabon-inu:20200325124352j:plain

パブストリート前のRemorue

トゥクトゥクは、Grab上で乗車前に決められた料金を、降車時に払えばOK。

料金表示はKHR(カンボジアリエル)だけど、旅行中はUSD現金で支払っていたので、換算が難しかった。(カンボジアはUSDも流通している。)

Grabにクレジットカード情報を登録しておけば、シェムリアップに限らず、キャッシュレスで利用できる。

 

おまけ〜愛しのトゥクトゥク

シェムリアップのナイトマーケットでこんなTシャツを見かけた。

f:id:zabon-inu:20200303174012j:plain

続きはNo lifeかと思いきや…

 

 

客引き側がこれを売っちゃうところが、いいね!

f:id:zabon-inu:20200303172353j:plain

全ての客引き拒否する、観光客の叫び

 

ちなみにバンコクでもトゥクトゥクは走っているけど、Grabでは呼べない。

観光化されていて、料金交渉が必要。車体はド派手で楽しい。

f:id:zabon-inu:20200325124331j:plain

タイのトゥクトゥク

 

ハノイでは、トゥクトゥクに似た、荷車付きの3輪バイクは見かけるけど、お客は乗せてくれない。

f:id:zabon-inu:20200329151411j:plain
f:id:zabon-inu:20200329151414j:plain
ハノイトゥクトゥク似の車

うちの子どもは、シェムリアップトゥクトゥク愛に目覚めてしまい、ハノイトゥクトゥク似の車を見かけるたびに、切ない眼差しを送っている。