ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らしてます。日々の生活の中で、体験したこと、考えたこと、雑記を向くままに書いていきます。

ハノイのブンチャーの立ち位置

我が家は普段は日本食ばかりで、あまりベトナム料理を食べないけど、定期的に食べたくなるものがある。

それは、ブンチャー。

 

ブンチャーとは

ハノイが本場と言われている、つけ麺。

温かい甘酢っぱい汁に、コールラビのなますと、炭火焼きの豚つくねと豚バラ肉が入っている。

そこへ、レタスやハーブを好きなだけちぎって入れて、「ブン」という素麺みたいな米粉の麺をつけて食べる。

f:id:zabon-inu:20200307153555j:image

あまり癖がなく、さっぱりしつつも、香ばしいお肉も楽しめる。

 

いつものお店: Mai Anh(マイアイン)@47 Xuan Dieu

私がよく行っているお店は、外国人が多く住む、スアンジウ通り沿い。

買い出しついでにお昼に立ち寄る。

f:id:zabon-inu:20200307155914j:image

 

こんな行商の人があちこちにいるのを横目に、

f:id:zabon-inu:20200307155118j:image

 

小さなモールのスーパーで買い物して、

f:id:zabon-inu:20200307155344j:image

 

そこから通りを南へ徒歩1分。

いつもお店の前で、おばさんが豚つくねをせっせと焼いていて、いい匂いが漂う。


f:id:zabon-inu:20200307155931j:image

f:id:zabon-inu:20200307155934j:image



メニューはない。

あるのはブンチャーネムザン(揚げ春巻き)のみ。

おばさんに指で数を伝えて、席につけば、すぐにブンチャーが出てくる。

ネム?」と聞かれるので、揚げ春巻きも食べたければ、数を伝えればOK。いらなければNoで。

f:id:zabon-inu:20200307160410j:image

ブンチャーとコーラで60,000ドン(約300円)。

 

このお店のブンチャーのお肉は、豚つくねのみが基本。

豚バラ肉を焼いてるときもあるんだけど、どう言えば、豚つくねと豚バラと両方入れてくれるのか、わからない。

 

このお店はブンチャーとしては激ウマでも激安でもないけれど、

つけ汁の甘酢の酸味がマイルドで、下味のついた豚つくねも安定のおいしさで、ついついリピートしてしまう。

場所柄、外国人が入りやすい雰囲気なのも、気楽でいい。

 

ブンチャーの立ち位置

私にとってのブンチャーは、日本で言えば、「牛丼」。

早い!安い!うまい!

 

ちなみにこれ、汁まで含めてテイクアウトできる

f:id:zabon-inu:20200307162239j:image

写真がないけど、汁は厚手のビニール袋に入れられて、上に空気を入れて、パンパンの状態でしっかりゴム留めされる。

 

お店で食べていく人も多いが、特にベトナム 人は、バイクに乗ったまま、ドライブスルーでマンベー(テイクアウト)していく。

 

お店で食べるのも、持ち帰りもさくっとできて、お肉の満足感もあって、素晴らしいファーストフードだ。

いつか、豚つくねだけを大盛りにしたいと野望を抱いている。