ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

辛味は後入れ、多彩なお肉のブンボーフエ(Bun Bo Hue O Uong ハノイ)

普段、あまりベトナム料理を食べる機会がないけれど、ずっと行ってみたかったお店がある。

2019年、2020年と2年連続で、Vetterのレストランガイドに三つ星評価で掲載されていた、タイ湖北側のブンボーフエ・オー・ウオン(Bun Bo Hue O Uong)

ブンボーフエは、ベトナム中部のフエ名物の牛肉麺

先日、ひとりランチのチャンスに、思い切って行ってみた。

 

Bun Bo Hue O Uong(546 Lac Long Quan)へ

タイ湖の北側、ラックロンクアン通り(Lac Long Quan)の、Bun Bo Hue O Uong(ブンボーフエ・オー・ウオン)へ。

営業時間は、

  • 朝昼は6:00-14:30
  • 夜は17:30-21:30

 

めちゃくちゃ、にぎわってる!

f:id:zabon-inu:20201020184457j:image

こりゃ、戦場だわ。

f:id:zabon-inu:20201020183731j:image

マンベー(持ち帰り)のお客さんもけっこういて、大鍋を中心に、ブンボーフエがどんどんさばかれていく。

 

とりあえず空いてる席へ。

当然、相席

f:id:zabon-inu:20201020183839j:image

誰に注文すればいいのか、さっぱりわからない。

 

注文は、お金を持った、司令塔のおじさんへ

メニューは、ブンボーフエの大小と、バインボッロックのみ。

f:id:zabon-inu:20201020185026j:image

  • Dong Gia(ドン・ザー)の方は、小サイズで、45kドン(約225円)。ぷるぷる血のゼリーはなし
  • Dac Biet(ダック・ビエット)の方は、大サイズで、55kドン(約275円)。具材全部入り
  • Banh Bot Loc(バイン・ボッ・ロック)は、海老入りのぷるぷるのタピオカ餅。たぶん個数別で、30kドン-40kドン-50kドン(約150円-200円-250円)。

 

くじけそうになる気持ちを奮い立たせ、大鍋の横のお兄さんに、ブンボーフエを指差し注文してみるも、受け付けられたのかわからず(^^;)。

f:id:zabon-inu:20201020185452j:image

丼の麺がブンボーフエで、バインボッロックはこっち。

f:id:zabon-inu:20201020185654j:image

これもフエ料理の定番。

 

麺にお肉を盛り付けて、

f:id:zabon-inu:20201020185934j:image

大鍋からスープとお肉の練り物をすくって、ざばっ。
f:id:zabon-inu:20201020185931j:image

どんどん目の前でできあがっていく、ブンボーフエ。

でも、私の番は来る気がしない。

 

すると、目の前の相席のお兄さんたち、お店の人らしきおじさんに何か聞かれて、注文してる。

 

おじさん、私にも、ブンボーフエとお茶ください!

f:id:zabon-inu:20201021182826j:image

私「チュオーイ、チョトーイ、モッ ブンボーフエ、モッ チャダー!

店「ボンラム?ナムラム?」(45?55?)

私「ボンラム!」(45の方で!)

 

なんとか注文し、このあと3回くらい催促して、ひとまずチャダーにありついた。

f:id:zabon-inu:20201021183459j:image

時々おじさんが店内全体に大声で司令を出してるんだけど、どういう順番で差配してるのか、さっぱりわかんない(^^;)。

 

やっと、実食!

半信半疑で待つことしばし...

私の番、キター!

f:id:zabon-inu:20201021184712j:image

いろんな種類のお肉トッピングで、肉祭りじゃー!

ブンボーフエは普通は辛いんだけど、このお店は、辛味ゼロで提供。辛味は卓上で追加するスタイル。

 

別皿で、もやし、バナナの花のつぼみ、ヤナギタデ、チャイン(ベトナムのライム)。

f:id:zabon-inu:20201021184701j:image

いただきまーす!

f:id:zabon-inu:20201021184704j:image

まずは、プレーンな状態で、スープを一口。
f:id:zabon-inu:20201021184657j:image

少し甘みがあって、豚骨など獣系の出汁と、魚醤系の香りを感じるスープ。

 

麺は直径3mmほどの、太さのブン。

f:id:zabon-inu:20201021184651j:image

ハノイの普通のブンより、かなり太め。

つるっと、ぷるっと、おいしい!

 

卓上調味料は、ニンニク、唐辛子などなど。
f:id:zabon-inu:20201021184717j:image

ブンボーフエは辛くなきゃ!
f:id:zabon-inu:20201021184721j:image

唐辛子と香草達を投入。チャインもしぼる。

f:id:zabon-inu:20201021184728j:image

味がガラッと変わるね〜。

(緑の葉っぱ、ヤナギタデは、パクチーどころじゃない強烈な香りなので、注意(^^;)。ミントかと思って、入れちゃった。)

辛味や香草が苦手なら、チャインだけでも入れた方がおいしいと思う。

 

多彩なお肉トッピングの内訳は

お肉達も、一つずつ、風味も食感もちがって、楽しい!

くるくるの皮付き豚ハム。
f:id:zabon-inu:20201021184724j:image

ちょっと甘みがあって、黒胡椒がきいてる。

 

スープ鍋に投入されてた、鶏肉?豚肉?のすり身団子&ハム。

f:id:zabon-inu:20201021203917j:image

ちょっと甘みがあって、弾力が半端ない。

 

これ、なあに?豚足?

f:id:zabon-inu:20201022090851j:image

はしで持ち上げて、骨から肉をこそげるように食べるのが難しかった。

何度かスープにばちゃんと落として、相席のお兄さん達に苦笑された(^^;)。

 

そして、柔らかい牛の薄切り肉。
f:id:zabon-inu:20201021203911j:image

スープとよくなじんで、これが一番うまー!

 

55kドンの方だと、更に、ぷるぷるの血のゼリーが入る。
f:id:zabon-inu:20201021203914j:image

血のゼリーを食わず嫌いして、45kドンの方にしたんだけど...

少し入ってたかけらを食べてみたら、臭みなしでぷるぷる食感がおいしかった!

次回は、55kドンのDac Bietにしてみよう。

 

おわりに

ブンボーフエ・オー・ウオンでは、辛味調節自在で、いろいろなお肉が乗った、ブンボーフエを楽しめた。

f:id:zabon-inu:20201022101351j:image

本場フエのブンボーフエとはちがうのかもだけど、辛味後入れだから、辛いもの苦手な人や、子供でも大丈夫

 

お店は常ににぎわってて、どローカル

f:id:zabon-inu:20201021184708j:image

これで、勝手がわかった気がするので、次は子どもも連れて来てみようかな。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ