ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイで日本人が感染~新型コロナの動向とハノイの我が家(2/18)

テト休暇中の2/13、ハノイのタイホー区(Tay Ho)のホテルで、日本人男性(54歳)が亡くなった。

そして、死亡後の検査で、新型コロナ陽性となった。この男性の直接の死因はまだ不明。

2/18午前6時の発表では、ベトナムの新型コロナの累計感染者は2329人

北部での集団感染が確認された、1/28以降の市中感染は737人と、これまでよりもハイペース。

刻一刻と状況が変わっているけれど、2/18まででインパクトのあったことを書いてみる。

インパクトがあったことを抜粋して書いています。全てかつ正確な最新情報は、在ベトナム日本国大使館外務省 海外安全ホームページなどのWebサイトでご確認お願いします。

 

ハノイでの日本人の新型コロナ感染(2/18時点)

冒頭に書いたとおり、2/13に、ハノイのタイホー区(Tay Ho)のホテルで、日本人男性(54歳)が亡くなった。

この男性は1月中旬に来越したばかりで、直接の死因も、いつ/どこで新型コロナに感染したのかも、現時点ではわかっていない。

 

報道や在ベトナム日本国大使館の通達によると、男性の行動歴は…


f:id:zabon-inu:20210218190446p:image

f:id:zabon-inu:20210218190451j:image

f:id:zabon-inu:20210218190443j:image

f:id:zabon-inu:20210218190439j:image
  • 1月中旬:日本でのPCR検査結果は陰性で、ベトナムホーチミンから入国。
  • 1/31ホーチミンのホテルでの隔離を経てPCR検査結果は陰性で、隔離を終了。
  • 2/1ホーチミンからハノイへ飛行機で移動。(VN254便)
  • 2/1~2/13:タイホー区のSomerset West Point Hotelに滞在。
    この間に、タイホー区の病院に2回通院し、タイホー区/バーディン区/ホアンキム区の日本食レストランなどを訪れている。
  • 2/13:ホテルで死亡しているのが発見される。
  • 2/14:死亡後の検査で、新型コロナ陽性に。

※具体的な場所と住所は、在ベトナム日本国大使館のWebサイトをご覧ください。

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(邦人感染者の確認、ハノイ市緊急通達) | 在ベトナム日本国大使館

 

また、この男性と2/2に会議の場で接触していた、同じ日系企業の社員2人が新型コロナ陽性になっている。

死亡した男性を含む3人のF1/F2、計517人の検査結果については、1回目は全員陰性とのこと。

ベトナムでは、陽性者をF0を、F0の濃厚接触者をF1、F1の濃厚接触者をF2...と呼んでいる。

f:id:zabon-inu:20210218192538p:plain

ベトナムの新型コロナのF0~F3

 

テト明け、新型コロナへのベトナム国内の対応

ベトナム国内では、テトの間、各都市から地方へ帰省する人が大勢いた。

そして、テトの間にも何件か市中感染が確認された。

テト後の感染拡大に警戒を強めた各省市では、対策が打ち出されている。

 

個人的にインパクトのあった対策は...


f:id:zabon-inu:20210218192831j:image

f:id:zabon-inu:20210218192827j:image

f:id:zabon-inu:20210218192823j:image
  • ハノイホーチミン抽出検査を計画中。
  • ベトナム入国の外国人専門家全員に、新型コロナの再検査実施を決定。(対象の入国期間は不明。)
  • ハイズオン省では、2/16の0時から省全体で社会隔離措置
  • 学校については、ハノイを含む、多くの省市で2月末まで登校不可(オンライン授業)を延長。

 

ハノイ在住の一個人の所感

※以下の写真は、内容とは関係ありません。

 

衝撃的だったのは、来越間もない邦人が亡くなったこと。

ご冥福をお祈りします。

f:id:zabon-inu:20210218231426j:image

この方の死因はまだわかっていないけれど、もし新型コロナが原因だとしたら、症状の強さと急変が怖い

 

亡くなった方が通院した病院は、新型コロナ検査を手配しなかったとして、業務停止処分になった。(この病院では検査自体は対応していない。)

f:id:zabon-inu:20210219010556j:image

けれど、この病院に限らず、市中では検査はあまり行われていない印象。

私が知らないだけかもしれないけれど...周りの人々の間では、体調を崩して通院した際に新型コロナの検査を受けた、というのを聞いたことがない。

今後は、ベトナム各所で、もっと検査が促進され、検査対応機関も増えるんだろうか。

f:id:zabon-inu:20210218193147j:image

そして、亡くなった方の行動歴を見て感じたのは、ハノイ日本人社会のせまさ隔離対象になることへの不安

ほとんどの場所に行ったことがあるし、「日常」としてこの日記に書いた場所もある。

たまたま、該当期間には行ってないだけ。

f:id:zabon-inu:20210218193220j:image

我が家だけでなく、周りの多くの日本人にとってもそうだろう。

今、F1/F2とされている人々からF0(陽性者)が出た場合は、そこから更にF1〜F3の範囲が広がる。

f:id:zabon-inu:20210218193323j:image

会社ではベトナム人スタッフ数人が、ハノイ近郊の市中感染でF2やF3となった。

いま隔離措置を受けていて、テトが明けても会社に来れていない。

我が家もいつそうなってもおかしくない。

f:id:zabon-inu:20210218193556j:plain

そして、学校の登校不可(オンライン授業)がいつまで続くのかという不安と疲労感も。

すでに、2/1から学校はオンライン授業になっていて、期限が2月末まで延長された。

f:id:zabon-inu:20210218193447j:image

昨年の2020年は、テト明けからベトナムの新型コロナが本格化し、2月頭から5月頭まで休校が続いた。

ハノイ日本人学校は年度代わりの教員交代がスムーズにいかず、全学年が毎日登校&フル授業になったのは、6月に入ってからだ。

f:id:zabon-inu:20210218224453j:image

約4ヶ月の休校&在宅オンライン授業は親子ともにキツかった。

もう一度あの状態になったらと思うと、目の前が暗くなる…。

f:id:zabon-inu:20210218224403j:image

命があって、 今のところは健康なことを、ありがたくは思いたいけれど…

f:id:zabon-inu:20210218231452j:image

いろいろ衝撃が大きすぎるので、しんどく感じたときは、無理せず凹んでおきたい。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ