ハノイ駄日記

ベトナムの首都ハノイで、子連れで働き暮らす日々の雑記。

ハノイで生地を買う(333&ホム市場)

ベトナム旅行といえば、ガイドブックでもよく紹介されているのが、オーダーメイドが安いこと。

仕立て屋で生地を買うこともできるけど、生地の専門店に行った方が、種類豊富と聞く。

服のオーダーメイドは優柔不断人間には不向きだなと思いつつも、一度は布市場とやらを見てみたい!

少し前のことだけど、ハノイ在住者の間で有名な、333バーバーバー)とホム市場に初めて行ってみた。

 

333にはない、通称「バーバーバー」(331 Bach Mai)へ

まずは、安いと評判の333バーバーバー)へ。

f:id:zabon-inu:20201128135014j:image

 

333へ行くときのポイント

全部、誘ってくれた友人の受け売りですが...

  • 住所は333じゃなくて、331 Bach Mai
  • マスク持参で。(布のほこりがすごいので。)
  • 靴下靴を入れる袋もあるといいかも。(店内は靴を脱がなきゃなので。)

 

そして、お店に到達するのにも、ひと癖。

生地屋さんには全く見えない、こんな建物の4階にある。

階段左の通路を奥へ。

f:id:zabon-inu:20201128003028j:image

左手の階段を上がる。

f:id:zabon-inu:20201128003137j:image

中二階のエレベーターで、4階へ。

...エレベーターを見逃した私は、階段をぐるぐる登っていった。

バーバーバーに到着!

f:id:zabon-inu:20201128003157j:image

自分一人なら、ここへ初見で来る勇気はなかったな。

 

333の店内で掘り出し物を探せ!

売り場の外で靴を脱いで、店内へ。

混沌と書いてカオスと読む...。

f:id:zabon-inu:20201128003441j:image

そんなに広くない店内は、生地でぎゅうぎゅう。

f:id:zabon-inu:20201128003601j:image

中央の島は、端切れの山。

f:id:zabon-inu:20201128003649j:image

ここからお宝を発掘!...できるかな?(^^;)

f:id:zabon-inu:20201127225208j:image

床にも、端切れが山積みに。

この辺は、よく見たら水着の生地だった。

f:id:zabon-inu:20201127225204j:image

ラッシュガード水着もオーダーメイドできるってこと?!

(時季によって置いてる生地は変わるそうなので、水着生地は冬場はないかも。)

 

壁の棚には、素材別に布が並べられている。

f:id:zabon-inu:20201128003749j:image

この辺はチュール生地。

カオスに見えて、お店なりのルールはあるようだ。

 

茶系の光沢がある布が欲しかったんだけど、イメージに合うものが見つからず。

散々迷って、明確なプランがないままに購入。

f:id:zabon-inu:20201128004012j:image

イメージを固めすぎず、柄物とか、出会いを楽しんだ方がいいのかも。

 

お値段は...選ぶのにいっぱいいっぱいで忘れた(^^;)。

友人達は、「やっぱり、バーバーバーは安いよね〜♫」と言ってたので、安いんだよきっと☆

 

そして、333をあとに、更にホム市場へと向かった。

 

布市場として有名な、ホム市場-Chợ Hôm(79 Hue)へ

ホム市場へは、車で、333からは北へ10分弱、ホアンキエム湖からは南へ10分弱。

f:id:zabon-inu:20201128010205j:image

f:id:zabon-inu:20201128010907j:image

 

1階では、ボタン、レース、ジッパーなども買える

1階の入り口すぐの右手には、服のオーダーメイドに必要な、小物を買えるお店も1店舗あった。

f:id:zabon-inu:20201128010414j:image

レース。

f:id:zabon-inu:20201128010409j:image

リボンや、(写真に写ってないけど)ジッパー。

f:id:zabon-inu:20201128010406j:image

ビーズやスパンコールも。

f:id:zabon-inu:20201128010419j:image

個性的なボタンも少し。

f:id:zabon-inu:20201128010718j:image

ボタンは、一個ずつだと売ってくれないものも。

f:id:zabon-inu:20201128010725j:image

もっと探したいなら、旧市街のハンボー通りへ。

 

2階は、ほぼまるごと布市場

市場の1階を奥へと進むと、果物のお店が多数。

f:id:zabon-inu:20201128011346j:image

数カ所ある階段から2階へ上がれば、そこは布市場。

f:id:zabon-inu:20201128011340j:image
迷路みたい。気になったお店の番号を控えておくべし。...だそうです。

f:id:zabon-inu:20201128011331j:image

生地はきれいに畳まれている。

お店ごとに得意な材質や柄があるようだ。

f:id:zabon-inu:20201128011323j:image

スーツ用の生地もある。これは柄物だけど、無地もあった。

f:id:zabon-inu:20201128011326j:image

レース生地や花柄。

f:id:zabon-inu:20201128011319j:image

写真がないけど、リバティープリント的な生地屋さんもあった。

この日は、ホム市場では、私は生地を買わなかったんだけど、見てるだけでも楽しかった。

f:id:zabon-inu:20201128011335j:image

 

ベトナム語での生地の買い方

333でも、ホム市場でも、生地を買うときにはどうすればいいか。

まず、気になる生地があれば、店員さんに声をかけて、1mあたりの値段を聞く。

 コオーイ、(おばさん、すみません、)

 バオニューティエン?(いくら?)

f:id:zabon-inu:20201128005012j:image

値段は、スマホの電卓などを見せて、入力してもらうといいかも。

店員さんが自分より若そうならエムオーイ、お兄さんならアインオーイ、お姉さんならチオーイで呼びかける。

f:id:zabon-inu:20201128004926j:image

買いたい場合は、長さを伝えて切ってもらう。

 チョトーイ、2m(ハイ・メッ)。(2mください。)

f:id:zabon-inu:20201128004902j:image

長さの言い方は、1m(モッ・メッ)、1.5m(モッ・ファイナム・メッ)、3m(バー・メッ)...。

指で伝えても大丈夫。

 

価格交渉は、スマホの電卓などを見せながらで。

友人の交渉を見ていたら、333は元が安いので下がらなかったけど、ホム市場では値下げしてもらってたよ。

 

↓価格を口頭で言いたい場合は、こちらをご参考に。

zabon-inu.hatenablog.com 

 

おわりに

ハノイの有名な生地屋&布市場に行ってみたら、それぞれおもしろかった。

 

掘り出し物狙いなら、333バーバーバー)。

特に中央の島の手前、たたまれている端切れの山はお買い得。

f:id:zabon-inu:20201128013740j:image

 

より多くの選択肢からじっくり探すなら、ホム市場

柄だけでなく材質も豊富で、Tシャツ生地やスーツ生地などもある。

f:id:zabon-inu:20201128014550j:image

 

...とか書きつつ、生地を買ったことに満足して、まだ服を作ってないんだけど(^^;)。

仕立ては、ホム市場周辺のテイラーや、「ハノイガイド」に載ってる訪問テイラーなどで。

さて、何を作ろうかな。

 

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ